家庭・仕事・趣味、30代の生活をちょっと良くするブログ

30代エンジニアの転職に欠かせないスキルは逆算思考だと思う

30代エンジニアの転職に欠かせないスキルは逆算思考だと思う

Web開発会社にエンジニアとして勤めて4年になりました。来年は32歳。次にステップアップするためにそろそろ転職を考えています。転職にはスキルアップが必要だと思いますが、どんなスキルがあれば転職しやすいでしょうか?

という疑問に答えます!

僕は30歳になってから、未経験でWeb業界に転職しましたが、今は自分が希望する業界に勤務することができています。

ですが、他の人と比べてスキルが高いわけではありません。
エンジニアの中で見れば、どこにでもいるレベルです。

・30歳からの転職
・スペシャリストなスキルがあるわけでもない
・学歴が優れているわけでもない

そんな僕でも希望する業界へ転職できたのは、常に「逆算思考」で考えてきたから。だと思っています。

これから転職しようと考えているあなたに、

  • なぜエンジニア転職に逆算思考が必要なのか
  • エンジニアの転職に逆算思考はどんな風に役立つのか
  • 具体的にエンジニア転職で逆算思考をするにはどう考えればいいのか

をお伝えします!
少しでも、あなたの参考になればうれしいです。

エンジニアの転職に必要な本質的スキルは資格や言語じゃない

エンジニアが転職をしようとするとき、他の言語を勉強してスキルアップを目指す人が多いかと思います。
確かに幅広くスキルがあると、それだけ転職先の幅が広がるように思いますよね。

でも、日々仕事をしながら勉強するとしても、学べる時間は限られています。

ノザワ
30代のエンジニア転職でやみくもに色々な言語に手をだすのは効率が悪い!

もう一つ、勉強しようと思った時に多くの人がやることが「資格を取得すること」
僕自身はIT資格を持っていませんし、転職に必要かと言われれば不要だと思っています。

確かに資格を持っていれば、ある程度のアピールになるかもしれません。
資格所有を必須とする求人もあるかもしれません。

ですが、資格はあくまで補助的なもの。

例えば、あなたが人事担当でこの2人から求人応募があったら、どちらを採用しますか?

  1. 資格は持ってるけど、実務経験がない人
  2. 資格は持ってないけど、実務経験が豊富な人

資格が必須条件じゃない限り、多くの採用担当が「2」の人を選ぶと思います。
コレ、エンジニアのキャリアアップを考える上で多くの人がハマりがちなケースなんですよね。

じゃあ、どうするのが良いかと言うと、「逆算思考」で必要なスキル・経験を身につけていくことが重要です。

30代エンジニアの転職にこそ必要なスキル、逆算思考とは?

逆算思考とは、

自分がなりたい姿・働き方を目標にして、そうなるには何が必要か?何をするべきか?

を考える方法。

逆に、今できることから目標を定めたり、働き方を選ぶことを積算思考と言います。

「今できることから選ぶことの何がダメなの?」
と思うかもしれませんね。

確かに、新卒や20代前半であれば、比較的学ぶ時間を多くとれて良いかもしれません。
与えられた業務をこなしていけば、リーダー経験や新しい取り組みをさせてもらってスキルアップ。というケースもありえるでしょう。

ノザワ
ですが、30代の転職の場合には、そんな悠長なことは言ってられません。

仮に、結婚して子供がいたら勉強できる時間は限られてきますし、目の前の仕事だけをこなしているだけでは。効率よくスキルや経験を身につけていけないでしょう。

じゃあ、どのようにして30代のエンジニア転職で必要なスキルを身につけていけば良いのか?

そこで必要となるのが、「逆算思考を使ってキャリアを描くこと」です。

エンジニアの転職には逆算思考でキャリアを描く

逆算思考でキャリアを描く場合に必要なポイントは、たったひとつだけ。
それは、

「企業の課題から考える」

ことです。

まず、積算思考でキャリアを描く場合を考えてみます。

積算思考でキャリアを描く場合、スタート地点は「自分自身」があります。新しい言語を勉強したり、資格をとるために勉強します。
新しい言語や資格をとることで、

ノザワ
自分はこんなスキルをもっていますよ

と企業に売り込んでいくわけです。

じゃあ、逆算思考はどのようにキャリアを描いていくか?
スタート地点には、

「企業が課題としていること」

があり、逆に考えていきます。

例えば、「チームリーダーとしてプロジェクト管理・マネジメントできる人が不足している」という課題を感じている企業があって、その企業に入りたいとします。

この場合、

「プロジェクト管理・マネジメントの経験が必要」

となりますよね。
そうすると、今すべきことは資格をとったり新しい言語を学ぶよりも、マネジメントの勉強・経験を積む必要がある。ということが分かります。

次に、マネジメントの勉強・経験をするには?誰から学ぶ?どんな本で勉強する?と考えていくのが、「逆算思考」のキャリアの積み方です。

ノザワ
積算思考・逆算思考のまとめ!
  • 勉強をしたり実績を積んで自分を雇ってくれる企業を探すのが「積算思考のキャリア」
  • 企業の課題解決に必要なスキル・経験を積んでいくのが「逆算思考のキャリア」

じゃあ、どうすれば企業の課題を知ることができるのか?
その方法はズバリ、「面談で聞く」。

今は、wantedlyやカジュアルミーティングなど、本格面接の前に「採用側と応募側が人柄をみる」ことができる機会が多いですよね。
書類では分からない分かりにくいことをお互いに知ってから、面接をするパターンが多くなっています。

「チーム・会社として、どんなことを課題と感じていますか?課題に対してどんな取り組みをしていますか?」

と聞くんです。
僕も転職にあたり、何社かに同じように聞いてみました。

答えとして返ってきたのは、どの会社もだいたい同じ。
その課題を解決するために必要なスキル・経験・勉強を重ねていけば、資格を取るよりもずっと効率的にキャリアを描いていくことができる、というわけです。

ただ、この方法は時間も手間もかかります。
仕事で忙しいのに何社も回るのは大変ですよね。

そこでオススメなのが、「転職エージェントに聞いてもらう方法」です。

エンジニアの転職に必要なスキルを相談するなら、転職エージェントに相談するのが効率的

僕自身もそうだったんですが、会社で仕事をしていると、どうしても視野が狭くなります。
自分の業務や業界・会社のやり方が世の中の標準だと思ってしまうんですね。

他の業界のことを知らないと、転職が有利になるスキルや他社で求められている経験を積む機会を失っていきます。

そこでオススメなのが、転職エージェントに登録してキャリア相談をすること。

転職エージェントは転職支援をするのが仕事ですから、

  • いま、どんな課題を抱えていてるのか
  • どんな人材が不足しているのか

といったことも含めて、日々さまざまな会社とコミュニケーションをとっています。

こういった情報は求人情報にのっていないですよね。
自分で集めようとしても、何社も聞いて回るのは大変すぎますし、教えてくれるととも限りません。

だからこそ、転職エージェントにキャリア相談をするのが効率的なんですね。

IT・Web業界の転職エージェントなら、IT・Web業界特化の「レバテックキャリア」がオススメ!

  1. 4,000件を超える案件数
  2. 年間累計3000回以上の企業訪問
  3. 専門用語・最新技術の話ができる

という、転職をしたいエンジニアにとって相談しやすい転職エージェントです。

転職するときしか転職サービスを使わない、という人は多いかもしれません。
ですが、僕のオススメは「定期的に転職エージェントに相談する」こと。

そうすれば、

自分の給与はスキル・経験に見合っているか?

を常に確認できますからね。
実はあなたの周りの人も定期的にキャリア相談をして、転職に有利な情報や自分の市場価値を確認しているかも・・?

転職エージェントにとって大事なのは、転職を希望している人。
企業に紹介する人がいないければ、会社が成り立たないですからね。

なので、

「いますぐ転職したいわけじゃないけど、良い会社があれば・・」

という人の登録でも歓迎されます。

まずは気軽に登録してみると、自分で求人を探すよりも良い情報が手に入るかもしれませんよ!




\ 履歴書なしでも登録できます! /

レバテックキャリアを詳しく見る

以上、「30代エンジニアの転職に欠かせないスキルは逆算思考だと思う」という記事でした。
ではでは。

30代エンジニアが年収アップ転職を成功させるためにしたことまとめ

他の転職を成功させるのに必要なスキル・考え方記事はこちら
>>30代エンジニア転職を成功させるのに必要なスキル・考え方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください