>>30代の人生を楽しむメディア

夫・妻にイライラしたとき、感情をコントロールするには?

夫や妻にイライラして怒りたくなった時、どうしてますか?

「ちゃんと話し合いたいのに、つい声を荒げてしまう」

そんなお悩みをお持ちの方へ、いつでも何処でもできる「イライラと上手に付き合う方法」をお伝えします。

おそらく、あなたが怒りの感情が原因で後悔しているのは、

「カッとなって、伝わるはずのない言い方をしてしまった」

から、ではないでしょうか?
「上手く伝えられなくてダメだな・・・」と思うかもしれません。

大丈夫です。
学校では教えてくれないことなので、多くの人は怒りの感情を上手くコントロールする方法を知らなくても当然です。

6秒かけて呼吸を整える

イラっとしたら、ゆっくりと呼吸してみましょう。

1. 口からフーッと細く吐く(1秒)
2.鼻から大きく吸い込む(2秒)
3.呼吸を2秒とめる
4.口からフーッと吐く(1秒)

やることはコレだけ。

「カッとなる」と表現されるように、ほとんどの怒りの感情は瞬間的です。

何か言ったり、行動する前に呼吸を整える。
それだけで心が落ち着きますよ。

心が落ち着いたら、次に想像してみます。

立場を入れ替えて想像してみる

あなたがイラッとする原因の多くは、

「自分が期待する行動と相手の行動が違っていたとき」

じゃないでしょうか?
つまり、思い通りにならなかったときですね。

いくら結婚したパートナーと言えども、所詮は他人。
相手には相手の価値観がありますし、やりたいこともあります。

怒りたくなったら、「相手が自分に対して怒っている様子」を想像してみましょう。
この時、自分が言いそうなこと・しそうなことを想像してみます。

どうですか?
言われたことは、正当な意見ですか?
物にあたったり、人格を否定するかのような言葉を言われませんでしたか?

もし、とても嫌な気持ちになったら、自分が相手に伝える言葉を選ぶ必要がありますね。

良い部分を探してみる

怒りの感情をコントロールしたいときには、すり替えてしまうのも有効です。

「気に入らないところ・変えて欲しいところもあるけれど、○○なところは好きだし相手の良いところだな…」

このように考えてみると、イライラする気持ちが収まってきます。

それでも、イライラしたり伝えたいことがあるなら、伝えてみましょう。

この3つの手順を行う前より、ずっと冷静に言葉を選んで話せるはずです。

注意!
この方法はあくまで「怒りの感情と上手く付き合う方法」です。
自虐的になることではありません。
もし、あなたがパートナーから傷つけられた結果、怒りを感じたとしたら感情をコントロールするのは間違いです。
すぐ、人に相談してください。

まとめ

コントロールとは怒りの感情を無視したり、抑えつけたりすることでは、ありません。
縁があって、共に生きようと誓い合ったパートナー。

イライラしたときには、ぜひこの方法を試してみてください!

その他の共働き家庭の家事・育児・家計に役立つ情報は、こちらでまとめています。

共働き家庭の家事・育児・家計に役立つまとめ