>>読みたい記事がすぐ見つかるサイトマップ

100記事書くためのテーマ数決め

100記事書くためのテーマ数決め

今回は、「テーマをいくつ作るか」についてです。

いくつでも良い?

そうですね。
もちろん、自由に書いても良いと思います。
ですが、テーマ数をしぼることのメリット・ネタ切れを防止する効果もあるんですよ。

もし、あなたがネタ切れに悩んでいるのであれば、読んでみてください。

テーマをいくつにするか


オススメは「3つ」です。

なぜかと言うと、
日本人は「3」という数字が好きで親しみやすいから。
例えば、居酒屋などによくある「刺身盛り合わせ」を思い浮かべてください。

刺身2点盛り。
2だと少し足りないと感じませんか?

刺身4点盛り。
4だと少し多い、または中途半端と感じませんか?

身の回りにも「3つ」にまとめているものは沢山あります。

日本3大祭り
御三家
最初に選ぶポケモンも3種から

などなど。

テーマが多すぎると、

・情報の習得と管理が大変
・多すぎて見る人が探しづらく、負担に感じる

少ないと、
・ネタ切れになりやすい
・コンテンツの充実感を演出できない

なので、テーマは「3つ」がオススメです。

テーマを3つに決めるメリット

ネタ切れになりにくい

先ほども書きましたが、テーマが3つだと「ネタ切れの心配」があまりありません。
1つに比べると記事を書きやすいですよね。

もし、1つのテーマで書けるのであれば、ブログではなくアフィリエイトサイトにした方が収益化しやすいかと思います。

Twitterでフォロワーが増えやすい

ブロガーにとってSNSからの流入は貴重な流入元です。

ところで、あなたが新しくフォローするときは、どんなときですか?

  • 面白いRTをみたとき
  • 自分の知らない情報をRTでみたとき
  • 自分が興味ある情報をRTでみたとき

とかですよね。

そうなんです。フォローをするキッカケの多くがRTなんですね。

逆の視点で見ると、

自分が知っている情報
興味ある情報

をたくさん発信していると、RTしてもらえる回数が増え、必ずフォロワーが増えていくということ。

じゃあ、テーマは多いほうが良いのでは?と思いますよね。

でも、それは違います。

なぜか。

仮に、1日20ツイートできるとしましょう。
1つのテーマで発信をすれば20ツイートできます。
3つのテーマで発信をすれば約7ツイート。
5つのテーマなら4ツイートです。

そう。
テーマが多いほど、そのテーマのツイートが他人のタイムラインに露出する回数が減ってしまうんです。
それだけ、フォローされる機会を失います。

また、テーマが多すぎると、「この人は何の情報をくれる人なのか」が全く伝わりません。

1つのテーマであればフォロワーは、より増えやすいですがTwitterはあくまで「流入元」。
ブログを読んでもらうための方法のひとつです。

  • 発信しやすく
  • 自分が何者かを理解してもらいやすく
  • ブログ更新しやすい

それができるテーマ数に設定すること。

だから、テーマは3つがオススメなんです。

専門性が高くなりやすい


Googleは、検索上位表示させる重要な要素に「高品質なコンテンツであること」を公表しています。
高品質の基準として

  • 専門性
  • 権威性
  • 信頼性

を基準として重視する、と公表しています。

専門性とは、個人的な経験も含まれるとのこと。

例えば、あなたが何かの病気にかかったとして、その経緯や治療法、闘病経験などをブログに書いたとしましょう。

本来あなたは、病気の専門家ではないはずです。
にも関わらず、こういった経験談が検索上位に表示されることは、よくあります。

高度な教育を受けた人や研究をしている人のコンテンツだけが「専門性がある」と評価されるのであれば、こういった「個人の体験談」は上位表示されないはずですよね。

上位表示されるということは、個人の経験談も専門性が高いと評価される裏付けでもあります。

テーマを関連したものにすると、この効果はより高まる。と想像つくと思います。

なので、テーマは3つがオススメです。

テーマへのアンテナ感度が高くなる

ブログは発信するためには、何かで情報を仕入れる必要があります。この作業をインプットと言います。

インプットの手段には、

  • 人のタイムラインやブログ
  • そのテーマの本・雑誌
  • そのテーマの体験

などなど、様々あります。

ところで、
あなたは社会人でしょうか?
学生でしょうか?
それとも主婦・主夫でしょうか?

1日24時間から、あなたがやるべきことに使う時間を引くと何時間残りますか?
そのうち、ブログのネタのインプットに使える時間は何時間ですか?

仮に、2時間あるとしましょう。

テーマを5つにしていると、使える時間は一つあたり24分です

ここまで読んで頂いた方なら、もう分かりますよね。

テーマが多いほどインプット量も減っていきます。

インプット量が減れば、質の高いアウトプット(記事)を増やすのは困難です。
どんな料理人も食材が無ければ料理を作れないのと同じで、テーマのインプットが無ければ記事は書けません。

ネタがないのは、もしかしたらテーマが多すぎてインプットが出来ていないから。かもしれませんよ?

つまり、インプットとアウトプットのバランスがとれたテーマ数が「3」なんです。

まとめ

さて、テーマを何にするかイメージ固りましたか?

人とテーマが被っていたっていいんですよ。
全く同じコンテンツなんて、コピーしない限り生まれようがないですから。

経験や思想や価値観が違えば、商品レビューひとつとっても違うコンテンツができます。

「好きなこと」「得意なこと」「経験したこと」
で3つ、テーマを選んでみてください!

きっと、楽しく書けて、アイデアもたくさん出て、続けられる、自分が大好きなブログが出来ていくはずです。

ではでは。

その他の100記事を書く方法はこちら
根性論ゼロの100記事講座