>>読みたい記事がすぐ見つかるサイトマップ

ブログ発信をするとお金を稼げる理由

ブログで情報発信を行っている方は、アフィリエイトやgoogleアドセンスなどで収益化している方がほとんどでしょう。
でも、アフィリエイトやアドセンスは「収益化する方法」の一つでしかありません。
「なぜお金を稼げるのか」を考えるようになると、自分のテーマや発信したいことが変わりますよ!

この記事は「ブログをいち早く収益化したい!」という方におすすめ。
「自分のやりたい仕事を見つけられない」と悩む人にも何かのヒントになるかも。

お金をもらえる理由

最初に「アフィリエイトやアドセンスは、収益化する方法の一つでしかない」と言いました。
ブログで収益が発生するのは、アフィリエイトやアドセンスを設置しているから、ではないんです。

仮に、アフィリエイトやアドセンスを設置していなかったら、ブログから収益を生むことは不可能でしょうか?
そんなことないですよね。
他メディアからの記事出稿依頼、記事広告、講演、いろいろあります。(直接・間接・自動収益化という話は置いておきます)

「お金を稼げる」と書きましたが、正しくは「自分の発信したことに対して、お金をもらえる」です。

何かで人からお金をもらうには、3つの要素が不可欠です。
それは、

  • 自分が好きなこと
  • 自分が得意なこと
  • 人の役に立つこと

の3つ。

つまり、情報発信でお金をもらうには、「自分が好きなこと」「自分が得意なこと」「人の役に立つこと」の3要素を満たす必要がある、ということ。


この円が3つ重なることで、お金をもらえるようになります。


「自分が好きなこと」「自分が得意なこと」「人の役に立つこと」同士が近づくと、重なる部分も増える。
つまり、収益も増えて行きます。

じゃあ、なぜ3つの要素は必要なのか?具体的にはどういうことなのか?
説明していきますね。

自分が好きなこと


個人的には最も重要な要素。
発信する内容は「自分が好きなこと」であること。
なぜなら、続けられるから。

例えば、「あんまり好きなカテゴリじゃないけど、アフィリエイト報酬が良いから書こう」と思って記事を書くとします。
続けられますか?
また書きたいと思いますか?

前に途中で止めてしまうと、お金をもらうのは難しくなります。

なので、まずは「好きなこと」で記事を書く。
そして続ける。

自分が得意なこと


今、自分が得意なことを発信する。
もちろん、これから学ぼうとする・挑戦することを発信しても問題ないです。

ですが、「得意なこと」は既に基礎知識や経験値がたまっているため、発信するスピードが違います。
本や他の記事を参考にしなくても書けるため、得意でないことに比べて記事の質・量ともに変わってきます。

例えば、wordpressのテーマカスタマイズ記事を書くとします。
自分が得意であれば、CSSやphp記述ルールについて調べる必要はありません。

ところが、得意でない場合、まずはCSSやphpの記述ルールを調べたり学ぶ必要があります。
どちらが早く記事を書き上げて、公開できるかは明白ですよね。

なので、「いちはやく収益化したい」のであれば、まずは自分な得意なことを発信しましょう。

人の役に立つこと


どれだけ好きで得意でも、人の役に立たない・悩みや課題を解決できないことに対しては、お金をもらえません。

そもそも、人がインターネットで検索を行うときは「何かをしらべたいとき」。
つまり、困っているとき。

  • ハワイまでの格安航空券を知りたい
  • お得なクレジットカードを知りたい
  • ライティングを学べる本を知りたい

人の役に立つことを提供することで、それが結果的にアフィリエイトリンクやアドセンスのクリックにつながっていくわけです。

人の役に立つかどうかは、Googleキーワードプランナーなどで調べる検索ボリュームからおおよその予想が可能。
ただし、検索ボリュームが小さくてもニーズはあり、そのほかの関連キーワードでも検索されることがよくあります。

僕のブログでは、月間検索ボリューム1,000以下のキーワードでも、収益を出してくれています。

まとめ

この考え方は「ビジョナリー・カンパニー2」の[ハリネズミの概念]から。
ブログに置き換えて書いてみましたが、この概念は「事業の方向性を決める」ときにもつかわれるほどです。

ただ伝えるだけでなく、「読んでくれたユーザーに何かの行動を促したいとき」の記事を書く時には、

  • 自分が好きなことか?
  • 自分が得意なことか?
  • 人の役に立つことか?

を考えてみてください!
ではではっ。

検索表示順位をあげる方法は、こちらの記事でまとめています。

やりたいことがわからない人には

やりたいことを見つける方法も書いています。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。