>ブログネタに困ってる人はコチラ

子どもに読書習慣をつけるには?2歳からできる3つの工夫

子どもに読書習慣をつけるためにした3つの工夫。習慣化は早いうちからがイイ!
ハクトウさん
・子供に絵本を読んであげると良い
・読書する習慣があると学力に良い影響がある

子育てに関する本を読むと、よく書いてありますよね。
僕自身も、子供に読書習慣をつけさせたいと思っていました。

そこで、本を読む習慣が身につくように、ある工夫をしたところ、

  • 自分で読みたい本を選ぶ
  • 自分で出して自分でしまう
ということができるようになりました!

うちも読書習慣をつけさせたい!

という方へ子どもに読書習慣をつけてもらうために、1歳から続けている工夫を3つ紹介します。

毎日寝る前に絵本タイム

読書家パパが子どもに読書習慣をつけるためにした2つの工夫。
ひとつめの工夫は「毎日、本を読む時間を作る」こと。

4歳、5歳、6歳、小学生など、大きくなってから読書習慣をつけるのは大変そうですよね。
やっぱり、小さい頃から読み聞かせや本に触れる機会が多いほど、大きくなってからも読書する習慣が身につきやすい。

本をよく読む、という大人に「小さい頃から本を読む子供でしたか?」と聞くと、大抵「親によく読んでもらっていた」という答えが返ってきます。

20年、30年経っても子供の頃の記憶が残っているってスゴイですよね。
それくらい、小さい頃の読書体験というのは強烈なんだと思います。

我が家も毎日の絵本タイムを欠かしたことはなく、1歳頃からずーっと読み聞かせを続けてきました。
その結果、今では自分で読みたい本を持ってくるように。

でも、最初のうちは絵本を読んでも全然聞いてくれませんでしたよ。
寝室を歩き回ったり、おもちゃで遊ぼうとリビングへ抜け出したり。

同じように「読み聞かせしているのに全然聞いてくれない!」という人に、オススメの方法があります。

それは、「絵本を一緒に選ぶこと」。

例えば、図書館で絵本を選ぶときに

  1. 絵本の表紙を見せて3冊から選んでもらう
  2. 1冊選んだら、また3冊くらいから1冊選ぶ
  3. 貸出上限まで借りる
このようにするのが、一緒に選ぶコツ。

図書館の本棚にある何十冊という本の中から選ぶのは大変です。
でも、親が三冊だけ出してあげて、ここから選ばせてあげる。

そうすれば子供も選びやすいですし、少なくとも表紙の絵柄から子供の好奇心を刺激できるので、

「全く聞いてくれない!」

ということは、かなり減ります。
読み聞かせは、夜寝かしつけをする時にもピッタリ。

寝かしつけが苦手・・・という方は、コチラの記事も参考になります。
>>寝かしつけが苦手なパパが寝かしつけできるようになる方法

絵本は自分で取れる・戻せる位置に収納する

子どもに読書習慣をつけさせる2つ目のコツは、「子供が取り出せる、戻せる位置に絵本を収納する」こと。

うちでは、
子どもに読書習慣をつけるためにした3つの工夫。習慣化は早いうちからがイイ!
絵本を自分で出したり、戻したりできるように絵本専用の本棚をDIYしてあげました。

写真の本棚は子供でも手が届くように、床から30cmくらいの位置にあります。
2歳児だと目線のちょっと下くらいですね。

DIYなんてできない!という人には、こういう絵本棚がおすすめ。

気をつけたいのは収納の仕方。

こういったカラーボックスに背表紙を向けて収納してしまうと、子供自身が取り出しにくくなります。

取り出しにくい・入れにくいと、片付けが嫌いになります。絵本も嫌いになります。

「極端すぎない・・?」
と思うかもしれませんが、子供にとっては「本をしまう」という体験も初めて。

なので、「自分でデキタ!」という体験をたくさんできるようにしてあげるのが、良いですね!

それに、表紙が見えないため、

「このカラフルな色は何だろう?興味ある・・」
「あ!この絵本知ってる!」

というように、子供の好奇心が刺激される機会が減ってしまいます。

なので、

こういう棚のように、絵本の表紙が見える棚に収納のするほうが、子供自身も読みたい本を選びやすいですし、興味も湧きます。

読書習慣のきっかけ作りに、絵本棚はオススメです!

何よりもまずは親が本を読むこと

子どもは、大人の真似をしますよね。
大人が本を読んでいれば本を読むことが当たり前だと思い、読むようになります。

そもそも、親がしないことを子供にさせようとしても、手本が身近にいなければしないですよね。

あなたの子供の頃を思い出してみてください。

「○○しなさい!」
と言われて、

「自分だってしてないじゃん。。」
と思ったことありません?

大人も子供もおなじで、よくも悪くも周りに影響されるものなんです。
自分が親のことを見ていたように、自分の子供も自分をよく見ています。

夜ご飯のあとは、読書タイム。
と決めるのもいいかもしれませんね!

年齢別におすすめ絵本を探すなら

絵本ってたくさんありすぎて、どれを読んであげれば良いのか分からない・・

という方には、無料で試し読みができる絵本ナビがおすすめ!

絵本ナビは、年間1,000万人が利用する「絵本の試し読みサイト」。

テーマや年齢別に探すことができたり、

絵本はもちろんのこと、絵本のキャラクターグッズも購入できます。
11ぴきの猫グッズ欲しい・・・。

利用者が多いだけあって、絵本レビューもたくさん投稿されています。

絵本選びの参考になりますね!
ちなみに、会員登録をしなくても、

・絵本の口コミを読む
・絵本を探す

ということは可能。

絵本ナビおすすめの使い方は?

あなたは、絵本は借りる派ですか?本屋で気に入れば買う派ですか?

きっと、借りてきた本の中で子どもが気に入った本があれば、買ってあげる。
という絵本の買い方をする人が多いんじゃないかと思います。

絵本ナビは、

・今、人気の絵本ってどんな本だろう?
・年齢別のおすすめ本は?
・子どものお気に入り絵本のグッズが欲しい!

というときに、オススメです!

\ 気になった本・グッズをすぐ購入できる /

絵本ナビをみてみる



まとめ

子どもに読書習慣をつけるためにした工夫として、

  • 絵本を読み聞かせる時間を作る
  • 絵本は自分で取れる・戻せる位置に収納する
  • 親も本を読む

以上の3つをお伝えしました。

ムリヤリ、

「絵本を読みなさい!」
といっても、まずやらないでしょう。

子供と一緒に「絵本を読んでくれる時間が楽しい!」と思ってくれる仕組みづくりをして行けば、きっと読書習慣のある子供に育てていけます。

お子さんと一緒に、絵本ナビでも、お気に入りの絵本探しをしてみてくださいね!

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください