家庭・仕事・趣味、30代の生活をちょっと良くするブログ

これから共働きフルタイムを続けたいワーママにパパができること・したこと

共働きフルタイムを続けていきたいけど、できるかな・・・。とお悩みですか?

うちも同じです。共働きフルタイムを続けていきたいと思ったので、いろいろ試行錯誤してきました。
その経験を通して、「共働きフルタイムを続けて行くためにしたこと」を3つ、お伝えします!

少しでもあなたの参考になればうれしいです。

そもそも、なぜフルタイムにしたいのか

うちの場合は、「お金を稼ぎたいから」
お金が人生の全てとは思ってませんし、お金さえあれば良いとも思いませんが、お金があればできること・解決できることはありますよね。

他にもやりがいだとか、仕事が面白いから、キャリアのため、色々理由はありますが・・。
突き詰めると、やっぱりお金のためです。

あなた自身はなぜフルタイムを続けたいのか、まず目的を考えてみると、その後の行動がしやすくなりますよ。

フルタイムを続けるには、自宅から会社までの距離を近くする


フルタイムを続けられなくなる理由のひとつが、「距離が理由の時間制約」です。

都内勤務で通勤に1時間かかっているなら、いつかムリがきます。
というか、通勤1時間だと保育園に通わせつつフルタイムは、ほぼムリでしょう。

なぜなら、9時から18時までの勤務だったとしても、通勤に1時間かかっていれば保育園に着く頃には19時。
ほとんどの保育園が18時〜19時までの延長保育ですから、ギリギリですよね。

ギリギリで保育園に駆け込んでお迎えして帰宅。
子供が遊んでと騒ぐのをなだめつつ、今度は夜ご飯の支度。
ご飯が終わったら、お風呂へ入れて、全然寝ない子供をまたなだめて寝かしつけ。
一緒に寝てしまって、また朝がくる・・。

これが、通勤30分だったらどうでしょう?通勤20分だったらどうでしょう?
少しは、心と行動に余裕が出るんじゃないでしょうか。

物件の広さと家賃の安さを理由に郊外に住むことを選ぶ人も多いですが、あなたの人生設計の中で「フルタイムで働き続けたい」という目標があるのであれば、自宅から会社までの距離を近くすることで、一気に目標へ近づけます。

フルタイムを続けるなら、夫の家事育児コミットは100%


距離が近くても、夫がしない家事があると妻へ大きな負担がかかってきます。
なので、共働きフルタイムを続けようと思ったら、夫の家事育児参加は必須。

当たり前だ!と石投げられそうですが。。
共働きフルタイムをして世帯収入をあげたいと思うなら、夫も家事育児をすべき。

どうしても苦手で時間がかかってしょうがない家事があるなら、「家事代行」を依頼するのも手ですよ。
まだまだ利用したことが無い人が多いそうですが、苦手な家事をし続けてイライラして家族に当たってしまうより、ずっとずっと良いと思いませんか?

オススメの家事代行サービスはこちら>>


フルタイムを続けるなら、帰りが遅い仕事だと厳しくなる


自分自身が実践してみて一番感じたのは、「帰りが遅い仕事だと、共働きフルタイムは難しくなる」ということ。

残業が常態化していて毎日22時23時は当たり前の仕事だと、どうしても片方に負荷が掛かってきます。
たとえ、夫が家事育児を積極的に行っていたとしても、毎日ひとりでみていたらストレスもたまりますし、疲れもたまってきます。

もし、共働きフルタイムを続けていきたいと思うなら、残業の少ない仕事や自分の裁量で出来る職場への転職をオススメします。

僕自身も家族と自分自身が目指したい姿のために、子供が1歳の時に転職しました。

「長く勤めてきたのに、今さら転職なんて・・」と思うかもしれません。
でも、そもそもサラリーマンは自分の労働力を会社に提供する対価として、給料をもらっているもの。

雇ってもらってる、という義理を感じる必要は全くないんですよ。

たとえば、買い物をして支払いをする時、お金をお店の人に渡しますよね?
これは言い換えれば、品物とお金を交換しているということ。

会社に勤める時も同じです。労働力を提供してお金と交換しているということ。

なので、あなたにとって今の会社が都合悪ければ、やめたって全然いいんです。
そう思うと、気が楽になりませんか?

転職するなら自分で探すよりエージェントを使うのがオススメ

転職を目指すとはいえ、家族を持つ身でいきなり無職になるのは不安なもの。
今の仕事も忙しくて、転職活動するヒマがない。

そんな人にオススメなのが、「転職エージェントに自分に合う紹介してもらう」方法。
無料登録しておけば探してくれるので楽チン。

転職エージェント会社はいくつかありますが・・求人案件の広さと質が気になりますよね。
その点は、やっぱり大手が安心です。

オススメの転職エージェントはこちら>>

まとめ

誰でも、自分の人生は自分で設計できます。

共働きフルタイムを続けて自分たちが理想とする家庭を築きたいなら、今回紹介した3つのポイント

・自宅から会社までの距離を近く
・家事育児参加は100%
・両立できる仕事を選ぶ

を参考にしてみてくださいね。
あなたの理想が叶えられるよう、応援しています!

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください