>ブログネタに困ってる人はコチラ

エンジニア・デザイナーが仕事中に勉強する2つの方法

エンジニア・デザイナーが仕事中に勉強する2つの方法

先日、こんなツイートを見かけました。

おそらくこの元ネタは、

この記事かと思いますが、

「就業時間に自分の勉強時間を確保すべき」

この点に全く同感でした。
なので、「エンジニア・デザイナーが仕事中に勉強する方法」について、実体験を交えてまとめてみました。

勉強したいのに時間がない・・!

という人の参考になればうれしいです。

仕事中に勉強する方法1:やったことないけど勉強したいことを業務に導入する

ひとつめの方法は、「やったことないけど勉強したいことを業務に導入する」こと

とはいえ、「超初心者のためのPHP」みたいな本を読んでいたら、上司も不安になります。
ここで言っているのは、「あなたがキャッチした最新や流行の技術」のこと。

まだ、最低限の知識も得ていないのなら、やはりそこは業務時間外で勉強する必要があります。

エンジニアでもデザイナーでも、日頃から新しい技術やノウハウ情報をキャッチしていれば、

ノザワ
これ面白そう!楽しそう!やってみたい!

と感じること、あると思うんですよね。

そういうことを、業務に取り入れる提案をチームリーダーや上司にしてみる。
すると、業務時間内でチャレンジ(勉強)できる時間が作れるようになります。

やったことないけど勉強したいことを業務に導入するには、上司が求めていることを考える

「やったことないけど勉強したいこと」を業務に導入するには、ある程度上司やチームリーダーの許可というか承認が必要なケースもありますよね。

じゃあ、上司に新しい取り組みを承認してもらえるときって、どんなときでしょう?
それは、上司の立場になって考えてみれば分かります。

上司が気にしているのは、
「より少ない時間でより大きな成果をあげてもらうこと」

そのために効果的な手法があれば導入したい。と思っています。

・品質
・コスト
・納期

を良くし、デメリットよりメリットが大きいことであれば、提案が受け入れられる可能性は高くなります。

言葉にすると当たり前のように聞こえると思いますが・・・。
相手、この場合は上司やリーダーのメリットを考えた上で提案するのは、交渉において重要なポイント!

「導入することで、どんな価値を生み出せるか?」

をちゃんと説明すれば、やらせてもらえる可能性は高いですよ。

でも、経験が浅いことだとやらせてもらえないんじゃ?

次に、

ノザワ
自分自身に経験が浅いことでは、チャレンジさせてもらえないのでは?

と疑問に思うかもしれません。

これについてはテクニック的なことになるんですが、ちょっと自信がないことでも「できます」と言ってしまうこと!

僕自身、業務で「自分自身に経験が少ないけど、やったら楽しそう&やる価値があること」を相談されたら、自信がなくても「出来ます。」と言い切ってました。

そして案件を受けた後に、できる方法を調べまくる。
僕の周りのエンジニアも「完璧に理解してないけど、効率上がるからとりあえず試してみる」という人が多いです。

「案件は実験場じゃない!」と怒られるかもしれませんが、

・より少ない時間でより成果を出せる方法
・自分自身が勉強できること

両立できるようであればお互いにメリットがありますから、同じ方法を使って勉強時間を確保しているエンジニア・デザイナーさんは一定数いるんじゃないでしょうか。

仕事中に勉強する方法2:意図的に空き時間を作る


大体の場合、案件の進捗管理はディレクターかチームリーダーがしていると思います。

  1. ディレクターやチームリーダーから作業割り当てをもらう
  2. 期間内で作業をする
  3. 完了報告をする

ものすごく大雑把に書くと、仕事の流れはこんな感じですよね。

こういった環境で仕事中に勉強するには、

  1. ディレクターやチームリーダーから作業割り当てをもらう
  2. 期間より早く作業をする
  3. 終わっても完了報告しない
  4. 余った時間でやりたいことをやる

という方法があります。

具体的にいうと、4時間かかる作業を3時間で終わらせた場合でも完了報告を保留にしておく。
で、余った時間で新しい手法を試したり、より良くする方法を取り入れてみる。

そうすることで業務時間内に勉強する時間を確保でき、レベルアップにつなげていくことができます。

疑問:上司やチームリーダーに気づかれない?

進捗に問題のない範囲で意図的にタスク完了報告を遅らせていることに気がついているディレクターやリーダーもいると思います。

僕がリーダーをしている時は、

・品質
・コスト
・納期

を守っているのであれば、特に何も言いませんでした。。

ただ、「勉強は家でしろ!」と考える人もいるので、そこはリーダーやディレクターとコミュニケーションをとってみると良いと思います。

あなた自身が「人を騙すみたいでイヤだな・・」と感じるなら、

ノザワ
早く終わらせて試してみたいことがあるんですが、いいですか?

と聞いてしまうのも一つの手ですよ。

意図的に空き時間を作る悪いパターン

空き時間が出来たからと言って、ずっとネットサーフィンをしている。
コレはダメです。

他に依頼したい仕事があるかもしれませんし、チームメンバーが困っているかもしれません。
息抜き程度にネットサーフィンをすることはあるかもしれませんが、良い時間の使い方とは言えないですよね。

やるべきことをした上で、勉強することがダメだと言われたら?

・メリット・デメリットをちゃんと説明した
・導入したほうが効率アップや生産コストが下がる
・コスト・納期・品質を守っている
それでも新しい技術や勉強をさせないならば、そこはあなたが居るべき会社では無いです。

僕自身もいくつかの会社を経験してきているので分かるんですが、

  • 勉強すること、技術を磨くことが当たり前
  • 仕事は仕事。業務時間外は勉強しないことが当たり前

両方の会社があります。
言い換えると、「努力を努力と思わない、勉強を勉強と思わない環境」の会社もあるということ。

人は良くも悪くも環境に左右されますから、そういった会社を選ぶことでスキルアップの速度は飛躍的に向上します。

もし、今の会社が「勉強を推奨しない会社」であれば、転職を考えたほうが良いかもしれません・・・。
勉強する気があるアナタなら、活かせる場所へ行った方が何倍も伸びます。

ノザワ
勉強するコツ・スキルアップするコツは、勉強や努力を当たり前とする環境に身を置くこと!

勉強を推奨する会社の効率的な見つけ方

「勉強を当たり前とする会社」を探すときのポイントはいくつかありますが、特に重要なのは2つ。

  • 自主的または社内開催の勉強会が、業務時間内に定期開催されているか
  • 業務改善やスキルアップを促す仕組みがあるか

ただ、転職サイトで良さそうな会社を見つけて、応募して、面接して社風を聞いてみる。
とやっていたら、時間がいくらあっても足らないですよね。

そこでオススメなのが、転職エージェントを使った転職活動。

転職エージェントサービスを使うと、担当者がアナタの要望に沿った企業を探して紹介してもらえます。
例えば、先ほどのポイント

・勉強会がたくさん開催されている会社
・評価制度が整っている会社

といった要望でもOKなんです。

疑問:そこまで転職意欲は高くないけど、大丈夫・・?

転職エージェントサービスと聞くと、

ノザワ
なんとなく転職したいなと思っているレベルだけど、依頼しても良いのかな・・?
みたいな疑問が浮かびますよね。

転職エージェントをしている友人に話を聞いたところ、

転職エージェントに応募する人は「良いところがあれば転職したい」

という感覚の人が多いから、転職意欲が高くなくても大丈夫!

ってことでした。

転職エージェントサービスを使えば、自分に合いそうな企業を選んで紹介してもらえるので、

・今よりスキルアップできる環境に行きたい
・仲間と成長できる職場がいい

という人は、まずは気軽に登録してみてはどうでしょうか?

エンジニア・デザイナー案件に強い転職エージェント会社3選

転職エージェントを使うときのコツは「職業に特化した転職エージェント会社」を選ぶこと!

担当者が元エンジニア・元デザイナーであった人が多く、あなたの要望や希望を理解してもらいやすいです。

オススメの転職エージェント会社を3つ、調べておきました。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!

IT業界に強い転職エージェント会社

  • レバテックキャリア

    研修会を通じて業界動向を常にアップデート!

    評価
    レスの速さメッセージアプリでのやり取りが可能
    利用者実績78,000人以上

    年間累計3000回以上の企業訪問で獲得した「非公開の高給与求人」が多数あるそう。 転職業界大手だからこその安心感がありますね。

  • クリエイティブ職の転職なら【マイナビクリエイター】

    簡単にポートフォリオを作成できる独自サービス!

    評価
    転職ノウハウサイトで公開
    担当人数月「20名」まで

    一般的な転職支援サービスがキャリアアドバイザー1人あたり毎月40~50名のキャリアカウンセリングを行うと言われる中、20名までに絞っているとのこと。 一人一人にかける時間が多いからこそ、ぴったりな会社を紹介してもらえますね。

  • 無料転職支援サービス【WORKPORT】

    転職支援ツール「eコンシェル」で効率の良い転職活動

    評価
    実績創業15年
    受賞歴最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント

    大手人材企業に比べると認知度は低いかもしれませんが、「全国対応」「IT専門の実績が長い」など堅実な実績のある転職エージェントです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください