>ブログネタに困ってる人はコチラ

Macでカラーコードを調べるなら標準アプリDigital color Meterが最高

Macでカラーコードを調べるなら標準アプリDigital color Meterが最高

バナー制作やブログカスタマイズをしていて、他のサイトを参考に見ていると

「この色、良いなー。カラーコードを知りたいな」

ってとき、ありますよね。
そんなときに、Google Chromeやsafariの拡張機能のcolor pickerを使えばカラーコードを調べられます。
でも、実はMacの標準アプリで出来ます!

Digital color Meterの使い方

  • 手順1
    spotlightで検索
    「command + スペース」キーを押して、spotlightを起動。
    mac標準カラーピッカーアプリDigital color Meterが最高

  • 手順2
    Digital color Meterを検索
    「color」と入力してreturnで起動

    mac標準カラーピッカーアプリDigital color Meterが最高

  • 手順3
    取得する値を変更
    メニューの「表示」→「値」と選択し、「16進」を選択します。
    mac標準カラーピッカーアプリDigital color Meterが最高
  • 手順4
    Digital color Meterでコピー
    カーソルを当てるとカラーコードを取得できるようになります。

    取得のショートカットキーは「control + commond + C」です。
    mac標準カラーピッカーアプリDigital color Meterが最高

設定はこれだけです!

ブラウザ拡張機能color pickerの弱点

Google Chromeやsafariの拡張機能のcolor pickerでも、カラーコードを調べられます。
ですが、ブラウザ拡張機能color pickerはあくまで「ブラウザに表示されているモノ」のみ。

例えば、写真やPDFなどからカラーコードを調べることはできません。

また、一部拡張機能を使えないページやサイトがあります。

Digital color Meterが優れている点

Digital color Meterはmac標準アプリのため、ブラウザではなくMac上で動作します。

つまり、画像・写真・ローカルファイルなどからもカラーコードを調べられます。
App storeにも同様のカラーピッカーアプリはあるようですが、わざわざダウンロードしてくる必要もありません。

・ブログ、サイトカスタマイズ
・バナー作成

の際に使ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください