>ブログネタに困ってる人はコチラ

共働き子育て夫婦がケンカにならない話し合いのコツとは?

家庭だけに限らず、他人と意見が異なることありますよね。ついつい感情的になり、当初とは全く違う論点になってただの言い合いになってしまうことも…。

そんな悩みをお持ちでしたら、フィンランドの小学生が考えた「話し合いのルール」を知ってみませんか?

そもそもなぜケンカになるのか

多くの人たちが、話し合いや異なる意見に対して感情的になりやすい原因は、
議論に必要なルールを教えてもらっていない。
から、だと思いませんか?

学校で「話し合いのしかた」
研修で「議論のやり方」

を学んだ人ってほとんどいないはず。
なので、「人と意見を交わし、より良い考えや行動を生み出す」ということに慣れていないんですよね。

そこでオススメなのが、話し合いのルールを決めること。

話し合いのルール

話し合いをするときに役立つのが、フィンランドの小学生がつくった話し合いのルール。

  1. 他人の発言をさえぎらない
  2. 話すときは、だらだらとしゃべらない
  3. 話すときに、怒ったり泣いたりしない
  4. わからないことがあったら、すぐに質問する
  5. 話を聞くときは、話している人の目を見る
  6. 話を聞くときは、他のことをしない
  7. 最後まで、きちんと話を聞く
  8. 議論が台無しになるようなことを言わない
  9. どのような意見であっても、間違いと決めつけない
  10. 議論が終わったら、議論の内容の話はしない

全部大事なことなんですが、

「議論が終わったら、議論の内容の話はしない」

個人的には、これがとっても大事だと思います。
つまり、議論は議論。
反対の意見があったとしても、アナタのことを嫌いではないんですよね。

議論を良いものにするために

「反対の意見言われた!敵だー!コイツとはもう付き合わない!」
ってなる人をたまに見かけます。
もったいないなぁと。

ケンカしたいから希望や不満を伝えたわけじゃないですよね。
「今より良くしたいから」のはず。

家庭内でいえば、変えるべきは相手の行動でなく、仕組みを変えることで解決する。

例えば、家事割合がアンバランスだと思ったら、

  • 自分がやっている家事を書き出す
  • 相手のやっている家事を書き出す
  • 良いバランスをみつける

のように、やっていることの言い合いではなく、可視化するとお互い納得しやすいです。

この方法については、以下の記事で書いています。
旦那さんと論理的かつ上手に家事分担をする方法

まとめ

人間関係の距離が近いほど、批判的になりやすくコミュニケーションも浅くなりがち。
せっかく共に生きようと決めたパートナーですから、すこしずつでも理解し合い尊敬できる関係がいいですね。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください