>ブログネタに困ってる人はコチラ

落ち込むことが多かった僕がメンタルを強くするために続けている3つのこと

落ち込むことが多かった僕がメンタルを強くするために続けている3つのこと

あなたは自分自身のことをメンタルの強い人だと思いますか?それとも弱い方だと思いますか?

メンタルが強い弱いってなんでしょうね。
強いように見える人と、弱い人と何が違うんでしょう?

僕自身は、

  • 人にどう思われているか気になる
  • 人から言われたことにすぐ傷つく
  • 頑張るときは頑張るけど、安定しない

というような人でした。
そういう自分が好きじゃなく、変えたかったんですね。

同じような悩みを抱える人のために「メンタルを強くするために続けていること」をシェアします。

誰かの参考になればうれしいです!

(特に人間関係の)ムリをためこまない

メンタルを強くする3つのコツ
ムリしない。
「そんなこと誰でも分かってるよ」と言われそうですが、ムリしている人はとても多いように思います。

なんとなく参加しているママ会、付き合い飲み会、友達との遊び、付き合い残業。
我慢すること・人に合わせることが美徳とされているケースは多いんじゃないでしょうか。

でも、ムリして本当に自分のためになるのかな?と思うんです。
本当に自分が楽しいと思う人と過ごしたほうが、自分にムリをためこまないですよね。

反対に人間関係のムリをためこんでしまうと、どうなるか。

・ストレスが増える
・出費が増える
・心から楽しいと思えない

そう言うと、「付き合いだからしょうがないんだよ」と、言う人もいます。
ムリをしてストレスを溜めたいなら良いと思います。

人間関係のムリを溜め込まなくなってから実感しているんですが、あるひとつの人間関係のムリをやめると、新しい人間関係ができます。
空いているのを待っていたかのように、スッと現れるんです。

コレは僕だけじゃなく、人間関係のムリをやめた人の多くが言うこと。

だから、「付き合いをやめたいけど、1人になるのは寂しい・・」と思う人でも大丈夫ですよ。

感情表現をムダ使いしない

感情表現を無駄遣いしない
昔の僕は、自分に直接関係のないことに対しても、必要以上に怒ったり悲しんだりしていました。
例えば、

・やるせない事件があった
・芸能人が不倫した
・公務員が着服した

などなど・・。テレビやネットで毎日のように流れていますよね。

ある時、ふと気付いたんです。
「自分に関係ないことで感情のエネルギー使って、良いことある?」と。
それからテレビをみるのをやめ、ネットでゴシップネタを読むのをやめました。

これがなぜメンタルを強くすることにつながるのかと言うと、
自分自身を傷つけようとする感情から身を守るにはエネルギーが必要だからなんです。
受け流したり、耐えたり、反撃したり。

反対に、
・好きなことをする
・自分が好きな人と楽しいことをする
ということにもエネルギーが必要です。

自分の直接関係のないことに対してエネルギーを使ってしまっては、したいこともできなくなってしまうんですね。

だから、「自分の関係のないことには、過度にエネルギーを使わないこと」

どんな車でも、電気やガソリンといったエネルギーが無くては走れないですよね。
人間も同じ。
エネルギーのムダ使いをやめて、使いたいときに使えること。
メンタルを強くするために大事なことです。

言葉・行動にムラをつくらない

落ち込むことが多かった僕がメンタルを強くするために続けている3つのこと
やるべきときに全力を出してやる。頑張らないといけないとき・頑張りたいときってありますよね。

さきほどのエネルギーの話にもつながりますが、いつも100%の力を出していると「ここは頑張りたい!」というときに頑張れず、結局ゼロ。ということがあります。

僕もそうでした。
常に頑張っていたつもりなのに、周りからみたら「行動にムラがある人」と見られていたんですね。

例えば、あなたがある商品を売っているとします。
服でもパソコンでも、なんでもあなたの好きなモノを思い浮かべてみてください。

あなたの売り上げが、

A:毎年5月だけ120万円売れる
B:毎月10万円ずつ売れる

どっちが精神的に安定すると思いますか?
大体の人は「B:毎月10万円ずつ売れる」ですよね。
同じ結果であっても安定していたほうが、自分としても周りの人としても安心できるんです。

じゃあ、どうしたら安定した成果を出せるようになるか。
それは、「全力を出し続けず、常に20ー30%の余力を残しておくこと」がコツ。

例えば8時間仕事をするとしたら、8時間分の仕事を詰め込むのではなく、1時間くらいは空けておく。
実際に夕方くらいになって本当に1時間空くようであれば、

  • 明日やることを進めてしまう
  • 困っていそうな人に声をかける
  • 勉強時間にあてる

などに使えるようになります。
実際やってみると分かりますが、時間に余白があるほうが効率よく進めることができますよ。

「仕事の時間に余裕を持つなんてできない!」と思う前に、だまされたと思って試しにやってみてください。
「あれ?意外とスムーズできる・・?」のように、きっと感じてもらえるはずです!

まとめ

  • 特に人間関係のムリをためこまない
  • 感情表現をムダ使いしない
  • 言葉・行動にムラをつくらない
この3つ、ビジネス書をよく読む方ならお気づきかもしれません。
製造業でしてはいけない3原則「ムリ・ムダ・ムラ」と同じなんですね。

ムリ・ムダ・ムラが重なると、メンタルに大きなダメージを受けてしまいます。
メンタルが強い人というのは、神経が図太いのではなく、上手に「ムリ・ムダ・ムラ」を回避する術を身につけている。ということ。

少しでもあなたの参考になればうれしいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください