>共働きパパの人生をより良くするブログ

共働き子育て中夫婦が自分の時間をつくるための家事育児3つのコツ

子育てをしていると、とにかく時間がないですよね。
僕もやりたいことも中々できず、ストレスに感じることがよくあります。。

子育ては大切だけど、同じくらい自分のやりたいことも大事にしたい。
やりたいことをできるようになる時間を増やしたい!

という方に、我が家で実践している方法をお伝えします。

この記事は、「1歳から2歳以降」の家庭を想定しています。
新生児から1歳までの家庭は、こちらの記事をどうぞ
>>共働き夫婦が1日2時間の自分時間を作るためにやった新生児の育て方

参考にしてみてください!

工夫のポイントは大きく分けると3つ。

・パートナーの協力を必須にする
・やりたいことを聞く
・ルールを決める

子育て中だからといって、やりたいことをやる気持ちを押し込めなくても良いんです。
自分の人生、欲張っていきましょう!

パートナーの協力なしには自分の時間は作れない

自分のやりたいことをやれる時間を増やすには、パートナーの協力が不可欠。

「毎日ワンオペ」「残業少なめ」など家庭によって状況は異なりますが、働けるのも自分のやりたいことをやれるのも、パートナーがいてくれるからこそですよね。

そのうえで、時間を増やすには
「家庭経営における役割の柔軟性を高めること」
がポイントです。

カンタンに言うと、パートナー2人それぞれがやれる家事育児を増やすこと。

例えば、あなたが休日に1人で出かけたいと思ったとします。

・パートナーが、やるべき家事を全てできる
・パートナーが、やるべき家事を一部できる

どちらが時間をたくさん使えるかは、明白ですよね。

もちろん得意不得意はあると思いますし、急に全部できるようになるなんてムリ!!と思うかもしれません。
ですが大切なのは、
家事育児をやってくれることで、自分に時間ができること
じゃないですか?

パートナーがやってくれるからこそ、自分もやりたいことができる。

「家事育児をやらなければいけない」
という義務感からではなく、自分の人生を楽しんでもらう(楽しむ)ために、家事育児を共有する。

家事育児を2人でやる意味って、ココにあるんじゃないでしょうか。

そんな風に取り組んでいけば、使える時間をきっと増やしていけます。
必ず全部できなくてもイイんです。
まずはできることから。

相手のやりたいことを聞く

自分がやりたいことがあるのと同じように、相手にもやりたいことがありますよね。
でもやりたいのにやれない、と悩んでいるかもしれません。

なので、
やりたいけど、できなくてストレスになってること
を聞いてみる。これがオススメです。

子育ては大事だし、やらなくてはいけない。
だけど、実は他にやりたいと思っていることがあるかもしれません。
資格勉強かもしれないし、旅行かもしれないし、美容院にいきたいかもしれない。

何を重視しているか、どうなりたいかは、聞いてみないと分かりません。
当たり前のことなんですが、家族にはどうしても甘えがちです。

これくらい言わなくてもイイだろう
ちゃんと伝えなくても分かってくれるだろう
なんて具合に。

だからこそ、「実現が簡単or難しい」に関わらず、聞いてみる・話し合ってみるってスゴく大切です。

去年の話ですが、妻が「友達と韓国旅行に行きたい!」と言っていたので、2泊3日旅行に送り出しました。
数ヶ月後、僕は仙台へ一人旅に行きました。

送りだした理由はリフレッシュの意味もありますが、自分の人生も楽しんで欲しいから

子どもには、自分の全てを子どもに注ぎたい!
と考える人もいますし、
子どもも大事だけど、自分の人生も大事。
と考える人もいます。

どちらが正解か。というより、どちらが自分たちにとって最適か。
僕は、自分の人生を楽しむのも子育てと同じくらい大切だと考えてます。

パートナーがどう考えているか、聞いて話し合ってみる。
そうすれば、よりお互いの自分の人生を楽しめるはずです!

ルールをきめる

やりたいことをやるには、パートナーの協力の他に「日頃からの信用貯金」も不可欠です。
だって、普段からちゃんとやってない人に
「何かをしてあげたい」
と思う人なんていないじゃないですか。

「信用がお金になる」って言葉を聞いたことありますか?
パートナーとの関係においても同じ。

お互いが信頼できるパートナーであるために、決めているルールが2つあります。

それは、

・事前に予定共有する
・予定が重ならない限り、こころよく送り出す

この2つ。

事前に予定共有する

事前に予定を共有するする。つまり、余程の理由でない限り当日の予定入れはしない
例えば、「今夜飲みに行くことになった」とか。

僕も以前は、同僚から当日誘われることもありましたが、当日のお誘いは全部断ってきました。
なぜかと言うと、人としてパートナーに失礼だから

仮に、飲みに行くとなると帰宅が22時23時になります。
となると、家にいるパートナーはご飯の用意から寝かしつけまで、1人でやることになります。
事前に分かっているのと、当日に言われるのでは心理的負担が違いますよね。

仕事でも同じじゃないですか。
今日はコレとコレとアレをやろう、と考えていたのに突然、会議を入れられる。
イラっとしません?

なので、予定ができたら必ず共有しているカレンダーアプリに登録する。

事前スケジュールは、相手への礼儀です。

飲み会や外出予定には、こころよく送り出す

自分の予定とパートナーの予定が重なる場合、どちらかが予定をやめるかズラすかしないといけません。
ですが、それ以外の時は出かけることを快諾する。と決めています。

したいこと・いきたいところがあるのは、お互い様じゃないですか。
ちょっとカフェでゆっくりして帰りたいとか、休日に友達に会いにいきたいとか。

お互い様だからこそ、こころよく送り出す。
そうすることで、自分がやりたいと思った時にも、パートナーのおかげでやりたいことができるし、それぞれの人生を楽しめるんだと思います。

まとめ

お互いが100%家事共有できるのが理想です。
ただ、得意不得意があったり、それぞれの家庭の事情もあると思います。

自分たちがどうなりたくて、何をしたいか、今より良くするにはどうしたら良いか。

そんな風に話し合えるパートナーとの関係、目指してみませんか?

リラックスタイムのお供におすすめのアイテム

あずきのチカラ
¥1,169 (2018/05/28 07:03:27時点 Amazon調べ-詳細)