家庭・仕事・趣味、30代の生活をちょっと良くするブログ

共働き家計から教育費をつみたてNISAで貯めるメリットデメリット

教育資金で利用するつみたてNISAメリットデメリット

子供が生まれたので教育資金を貯め始めようと思っています。
「つみたてNISA」という投資制度があるのを聞きました。
つみたてNISAで教育資金を貯めるメリットデメリット・オススメ商品を知りたいです!

子供の教育費について不安を感じてませんか?
いきなり大学費用を何百万も用意するのは大変ですよね。

でも、ながい期間をかけてコツコツ貯めていけば、実はそんなに不安になることもないんです。

そんな教育費を貯めるのにぴったりな制度が「つみたてNISA」。

ウチも子供が生まれた頃にちょうどつみたてNISAが開始。
大学費用のつみたてをするために始めました。

「貯金が苦手でまとまった貯金はない・・。ただ貯めるより少しは増やして将来に備えたい」

という人に向けて、

  • つみたてNISAの概要
  • つみたてNISAのメリット・デメリット

をお伝えします!

注意
つみたてNISAでは元本割れ可能性のある金融商品を扱います。
投資成績によっては、投資額を下回る可能性もあります。ご注意ください。

つみたてNISAとは?何が良いの?

通常、投資信託や株などを購入・売却をして利益が出ると、利益に対して税金がかかります。

税率は約20%。
10万円利益が出たら2万円の税金がかかる、ということですね。

つみたてNISAを利用すると、この利益に対する税金がかからなくなります(非課税)。

これを利用して、

「利益を狙いつつ課税も抑えて、資産運用をしていきましょう」

という目的の制度です。

つみたてNISAでは、どんな商品を買える?いつまで利用できる?

つみたてNISAを利用して購入できる金融商品は、金融庁が定めた「長期運用に向いている」と判断した投資信託だけ。
投資信託以外の金融商品、例えば株などは「つみたてNISA」で購入できません。
「短期的に売却利益を狙う」というよりも、長期間コツコツ運用する目的にぴったりですね。

非課税となる期間は20年間。
2018年から2037年まで、つみたてNISAを利用した投資が可能です。

つみたてNISAでは、毎年いくらまで購入できる?

つみたてNISAで投資できる金額は、毎年40万円まで。
月あたりだと33,333円です。

よくある、つみたてNISAの誤解

Q.20年後しか解約できないの?

A.いつでも解約(売却)ができます。
・資金が必要になったとき
・大きく運用益がでたとき
という状態になったら、売却して現金化するのもひとつの手ですね。

Q.2018年から20年間だけの制度なの?

A.2037年まで非課税になるのではなく、投資をした年から数えて20年間が非課税期間になります。
つまり、2018年に始めれば2038年まで、2037年に始めれば2057年までが非課税期間となります。

つみたてNISAで教育資金を運用するメリットは?

教育資金を貯める方法はいくつかありますよね。

  • コツコツ定期預金で貯める
  • 学資保険で貯める
  • 奨学金を頼る

などなど。
それぞれにメリット・デメリットがありますし、あなた自身の性格に応じた向き不向きもあると思います。

僕が考える、つみたてNISAで教育資金を運用するメリットは、

「値下がりするリスクを抑えつつ、運用益も狙える」

という、リスクと利益のバランスの良さ。だと考えています。

教育資金を定期預金で貯める場合、投資信託で運用する場合

仮に、子供の大学費用を定期預金だけで18年間かけて大学費用250万円を貯めていくとしましょう。

18年の間には、きっといろいろ世の中が変化しますよね。
物価が上がるかもしれません。
わかりやすいように、物価が10%上がったとしましょう。

すると、物価上昇前は大学費用250万円だったのに対して、物価が10%上がると大学費用が275万円になり追加で25万円必要になります。

ところが投資信託で運用して利益が出ていれば、物価が10%上がったとしても運用益で物価上昇分を補うことができます。

もちろん、これはかなり大雑把な計算ですし、未来のことも誰にもわかりません。
物価が下がるかもしれませんし、上がるかもしれません。

ただ、そういった世の中の変化に備えて定期預金ではなく、投資信託でコツコツ資産運用をしていく。
そうすることで、お金のことを考えるようになり、節約意識や買い物の仕方も変わってくるんじゃないでしょうか?

つみたてNISAで教育資金を運用するデメリットは?

つみたてNISAでは、投資信託で資産運用をするとお伝えしました。

「投資信託は元本割れする可能性がゼロでない」

ということが、つみたてNISAのデメリットです。

例えば、リーマンショックのような大きな金融変動があると、投資した額より下がる可能性があります。
もちろん、上がる可能性もあるのですが・・。

絶対に値下がりリスクを負いたくない!

という人には、つみたてNISAは向いていないでしょう。

  • 元本割れする可能性よりも、利益が出る可能性が高いと思う
  • 値下がりリスクより、利益が出ることを期待したい

という人に、つみたてNISAはオススメですよ。

まとめ

つみたてNISAは、ガンガン投資益を狙っていく。というよりは、大きな支出に備えてコツコツと貯めていく。というスタイルの資産運用方法です。

日々の生活や旅行費用などに使う目的ではなく、大学費用など「まとまったお金が必要なとき」に備えて、早いうちから運用していく。
そうすることで、リスクを減らしつつ資産運用をしていけますよ。

少しでも、アナタの参考になればうれしいです!

以上、「教育資金で利用するつみたてNISAメリットデメリット」という記事でした。
ではでは。

共働き家計で資産運用をしていきたい人のためのまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください