>ブログネタに困ってる人はコチラ

30代未経験でweb業界への転職を成功するには?年収100万円up体験談

30代未経験でweb業界へ転職するには「計画と進路」を決めることが大切

30代からWeb業界へ転職したいと思っている方。
「今からでも転職できるのかな…?」
と不安になっているかもしれませんが、全然大丈夫です!!

僕が全く同じでしたから。
30才から学び始めて、今では自分が理想とする会社で働けています

同じように、web業界へ未経験で転職しようと思っている方に向けて、

  • スクールで学ぶなら通学かオンラインか
  • 僕がweb業界へ転職するためにしたこと
  • 現在までのキャリアパス
  • 今おすすめする学習方法

をまとめました。
「これからwebの勉強をして転職したい!」という方の参考になれば嬉しいです。

スクールで学ぶなら通学かオンラインか

今から始めるなら、断然オンラインスクールをおすすめします。
僕がやりはじめた頃と違って、 通学スクールよりも安くて充分に学べるオンラインスクールがいくつもあります。

例えば、「WEBCAMP ONLINE
・週2回のオンライン面談
・質問回答サポート22:00
・キャリアサポート
・卒業後も利用できるオンラインカリキュラム
などなど、はじめて学ぶ人に至れり尽くせりなコンテンツ内容です。



他にも、「プログラミングのオンラインスクールCodeCamp
こちらはどちらかといえば、プログラミング寄りのオンラインスクール。
・プロから学ぶ、本格的なプログラミング
・オンラインでのマンツーマン形式の講義
・7時から24時まで好きな時間で受講可能
・Webデザインやiphone androidアプリコースもあり。
と、初心者が安心できるコンテンツが充実しています。



僕がweb業界へ転職するためにしたこと

僕がweb業界へ未経験で転職するためにしたことは、大きく分けて2つ。
「スキルをつけること」「希望の会社へ転職するまでの計画を立てること」です。

スキルをつける

web業界へ未経験で転職するために必要なのは「制作スキル」を身につけること。
スキルや制作実績があれば、年齢や性別は関係なく転職可能なんです。

きっとあなたもなんとなく、
「スクールや独学でスキルを身につければ転職できるかな?」
と思っているんじゃないでしょうか。

それ、正解です!

まずスキルを身につけるため「webスクール」に通うことから始めました。
通学期間は6ヶ月で、費用は約50万円。

学んだ内容は、

photoshop
illustrator
Dreamweaver

の使い方と,数ページのデモウェブサイトを完成させるというカリキュラムでした。

これから始める人に通学スクールをオススメするか

通学スクールとオンラインスクールどっちにするか
仮に、僕自身がこれからwebを学ぶとしたら、スクールには通わないでしょう。
なぜかと言うと、最初に紹介したようなスクール通学よりも安くて質の高いオンラインスクールがあるから。

ただし、「教室で人と一緒に学習したい」という人には、オンラインスクールは不向きだと思います。

・独学は大変だから、誰かに相談したり転職サポートが欲しい
・相談できる人がいれば続けらそう

という方には、オンラインスクールで学習がおすすめです!

希望の会社へ転職するまでの計画を立てる

未経験で希望の会社へ就職できるケースは少ないです。
経験やスキルで採用判断されるので、仕方ないでしょう。。

なので、最初は希望に合わない会社に入社するケースもあります。

そこは、「修行期間」と割り切って経験とスキルを貯めるのがおすすめ。
賛否両論ありますが・・・。
経験とスキルさえあれば、自分自身がしたい働き方を柔軟に選べるのがweb業界のいいところです。
会社があなたの人生ではなく、人生の一部として「会社に所属する」ということ。
なので常に、

  • どんな仕事をしたいか
  • どんな働き方をしたいか
  • どこで働けば叶えられるか
  • そのためには何が必要か
を考え続けて、計画を立てて実行し続けましょう。

現在までのキャリアパス

ウェブ業界のキャリアパス

ここからは、僕が進んできたキャリアの道のりをざっくりと紹介します。
最初はよく分からなくても、考え続ければ自分のやりたいことが見えてきます。
参考にしてみてください!

キャリアを描く人に伝えたいこと

キャリアパスについて、僕がもっとも伝えたい重要なことは、
ひとつの会社にとらわれ過ぎないほうが良い
ということ。

そう思ったきっかけは、2つあります。
1つ目は、転職するときに担当してくれた転職エージェントからかけてもらえた言葉。
「他の業界と比べるとIT業界は、転職に寛容。前向きなスキルアップ・ステップアップを理由とした転職は、むしろ歓迎される」。
という言葉。

2つ目は、自分自身の経験から。
会社の業務によって、仕事を通して身につく技術内容に差があります。
中には、何年も前の技術をずっと使い続けている会社もあります。
業務上、仕方なく使っている場合が多いんですが、そのまま2−3年と続けていくと「他社では通用しないスキル」しか身につかない恐れもあります。

「自分がweb業界でどんな仕事をしたいか」によって会社を移るのは、自分自身にとって良いことだと思います。

まずは、とにかく経験を積んだ

僕が最初に入ったのは、楽天市場やYahooショッピングにお店を出しているECサイト運営会社。
時給1,000円のアルバイト入社でした。

担当業務は

・商品の更新
・バナー作成
・メルマガ作成

仕事が終わった後は、架空の会社のコーポレートサイトを作ってデザインとコーディングの勉強をしていました。
今後のためにも、デザインなりサイトなり採用面接で見せられるものをたくさん作っておくと良いですよ。

派遣社員登録

ウェブ業界経験を積むなら派遣社員もおすすめ
次は、派遣社員登録をして、異なる環境を経験することを目標に設定。

・事業会社でコーディングとディレクション業務
・制作会社でコーディングとディレクション業務

なぜ異なる環境を経験したかというと、「どちらの環境が自分にとって合うかを肌で感じるため」です。
人の経験を聞いたり、転職エージェントからそれぞれの環境について聞くことはできますが、やはり自分で経験したことは後々の視点・視野に良い影響が出るもの。
そう思い、異なる環境を経験してみたかったんです。

これからweb業界を目指す人のために、それぞれの違いを簡単に紹介しますね。
Web業界を大きく分けると、

・自社でサービスを運営する「事業会社」
・受託制作を行う「制作会社」

に分けられます。

事業会社
自社サービスサイトの運用をメインとする企業。
・バナー作成
・ページ更新
など、ウェブサイトのパーツ制作が多いです。
新規サイトを作るケースはあまりなく、業務を通してサイト制作全体を知ることは難しい。というデメリットがあります。
制作会社
クライアントから制作依頼を受注して制作を行う企業。
企画からデザイン・コーディングまで行うケースがほとんど。
運用はクライアント自身が行うことが多く、サイト運用や改善に携わるケースはあまりありません

制作会社で「好き」と「得意」を磨く

業務を通して経験を積むうちに、デザインよりもディレクション・コーディングが「好き」かつ「得意」であることに気づきました。
そこで、派遣社員期間も終わらせ、次に「代理店系制作会社」へ就職しました。

代理店系制作会社は「電通」や「博報堂」と言った広告代理店から制作依頼を受けて制作を行う制作会社。
比較的スケジュールに余裕はなく短納期。
なので、短い期間でたくさんの制作経験を積むことができます

現在

人材紹介事業会社で「サイト改善の提案・実装」を担当しています。
事業会社に決めたのは、webサイトを作って終わり。よりも、webで自社事業を成長させていきたいと思ったから。

もちろん、これは僕のやりたいことなので「web業界に勤めるためのルート」というわけではないです。

人それぞれ、

  • どんな仕事をしたいか
  • どんな働き方をしたいか
  • どこで働けば叶えられるか
  • そのためには何が必要か

は違うはず。
あなた自身であなたの道を見つけてみてください!

理想の転職をするための考え方・面接時に人より覚えてもらう方法をまとめています。
>>共働き子育て中の30代Webディレクターが理想の転職をしたコツと方法

おすすめする学習方法

未経験・初心者でも短期間で、Webサイト制作スキルを習得できる“オンライン完結型“プログラミング学習サービス
WEBCAMP ONLINEがおすすめ!

学べる内容は?

HTML/CSS/Webデザイン/Photoshop

実務で必要な内容を十分満たしていますね。

WEBCAMP ONLINEのサポートは?

  1. 週2回のオンライン面談
    専属エンジニアが週2回まで、都合の良い日に課題のレビューや分からないところを解決。
  2. 質問回答サポート
    13:00~22:00までスマホやPCから講師に質問可能。
  3. キャリアサポート
    インターン先や転職先をご紹介しています。いつでもサポートを受けることが可能。
  4. 卒業後も利用できるオンラインカリキュラム
    WEBCAMP ONLINEの学習コンテンツは卒業後も利用可能。

WEBCAMP ONLINEの費用は?

99,800円(税抜)

僕が通った通学スクールは50万円だったので、5分の1の価格ですね・・。
まずは、無料版のカリキュラムを体験して、自分に合うかどうか試してみてください!



あなたのWeb業界へ転職のお役に立てれば嬉しいです!

ブログ運営もおすすめ

デザイナー・エンジニアではなく、ディレクターやライターを目指すなら「自分でブログを書いてみる」ことをオススメします。
ブログ運営は自分のメディアを持つことと同じ。

ブログ運営するために取組んだことは、絶対活きます。
・アクセス解析
・ライティング
・SNS運用
などなど、業務にも通ずるところがたくさんあるからです。

転職の参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください