>>読みたい記事がすぐ見つかるサイトマップ

問い合わせフォームからのスパムメールをたった3行のコードで撃退するシンプルな方法

「問い合わせフォームから毎日迷惑メールがきてウンザリする!」と悩むあなたに、難しい設定をすることなく、たった3行のコードで撃退する方法をお伝えします。
結果としては、約60通/日から0通/日にできました。
参考にして頂ければ幸いです。

書き方

js

以下の内容でjsファイルを作成します。

コード
$(function validateForm(){
// フォームの送信先を正規のURLに変えます。
$('#postForm').attr('action','フォームの送信先URL');
return true;
});

このjsを「postform.js」というファイル名で外部ファイル化しています。
html内に記載すると、フォーム送信先を読み取られる恐れがあるため、外部ファイルにしています。ここがポイント。
「短いコードだから、HTMLに書いちゃえ!」と書いてしまうと、「フォームの送信先URL」をスパムメール送信先アドレスを収集するロボットに読み取られる恐れがあります。大事なことなので2回言いました。
jsファイルは外部化!

HTML

コード
.
.
<script type="text/javascript" src="js/postform.js"></script>
.
.
<form action="/badPost" onSubmit="return validateForm()" method="POST" id="postForm" >
.
.
</form>
  • 1. HTMLでpostform.jsを読み込むように記述します。
  • 2. formタグを書き換えます。

以上です!
wordpressを利用していればプラグインで対応可能ですが、

  • 独自ドメインでECサイトを運営している場合
  • 企業の問い合わせフォーム
  • スクールや団体の問い合わせフォーム

など、webサイトにはフォームは必須。
迷惑メールが減れば幸いです!

フォーム改善をしたら、次はサイト表示高速化がオススメ。
サイト表示速度が速くなるとSEO的にも有利です。

高速で安定したサーバーなら、エックスサーバーがオススメ!
独自ドメインプレゼントキャンペーンをよくやっています。
http://www.xserver.ne.jp/

仕組み

参考にさせて頂いたブログにも記載ありますが、HTMLにはダミーのURLを指定しておき、送信直前に正しいURLに書き換える。という仕組みです。
シンプルですが、ユーザビリティを損なわない良い方法ですよね!

参考にさせて頂いたサイト・ブログ

PHPで翻訳三昧 | JavaScript でスパム投稿対策

その他の方法

今回紹介した方法の他にも、スパム対策の方法はいくつかあります。

javascriptでチェック認証

チェックが入っていないとエラーメッセージをだすjavascriptです。
botはチェックボックスにチェックをいれられない仕組みを利用したもの。
ただし、最近ではチェックボックスにチェックを入れられるbotもあるそうなので、あまり有効的な方法ではないかもしれません。

画像認証

画像認証

このタイプを利用しているサイトをよく見ますね。
だけど、これ面倒くさくないですか?読みにくい画像だとなおさら・・。
効果はあるようですが、ユーザーとしては面倒ですね。

まとめ

いかがでしたか?将来的にも100%防げるというわけではないかもしれません。こういうのは悪意ある人とのイタチごっこですから。。
それでも、現時点で有効な方法ではあります。
参考になれば幸いです。

サイト・ブログ運営には、SEO対策の知識が欠かせません。
企業サイト担当者として勤める僕がオススメする「SEO本」を紹介しておきます。

サイト・ブログの検索順位に悩むなら、こちらの記事も参考になるかもしれません。