>>読みたい記事がすぐ見つかるサイトマップ

100記事書くためのレビュー記事の書き方

商品レビューの書き方

商品レビューを書く時、レビューを見てもらいアフィリエイトにつなげたいという目的があると思います。
いわば、商品レビューは「自分が知っている・体験した経験をもとにした”販売行動”」と言えます。

でも、売られたい人は1人もいません。

分かりやすく書いて、「欲しい!」と思ってもらえる商品レビューの書き方をフォーマットにまとめました。

商品レビューで一番重要なことは、「その商品を使ったら、どんな風に自分の生活が良くなるか」を示すこと!
親しい友達や恋人にオススメする気持ちで書いてみてください。

商品レビュー記事の構成

商品レビューには、細かいスペックは必要ありません。
公式サイトのカタログに詳しく書いてありますし、そのほうが信頼性も高いからです。

ユーザーが知りたい、またGoogleが評価するのは公式サイトが書かない実際のユーザーの意見。

ユーザーの意見を分かりやすく書く構成は、次のようになります。

  • 購入して変化した良いこと
  • 購入までの経緯
  • 購入して失敗したこと
  • 他の人のレビュー
  • 比較検討した類似商品
  • 商品の保証

購入して変化した良いこと

あらゆる商品に共通して言えることですが、「買うことが目的」で何かを購入する人は少ないでしょう。

例えば、スマホ。
スマホ自体が欲しいのではなく、スマホを使って便利になる生活が欲しくて、スマホを買うんですね。

つまり、「この商品を使うと、こんな風に生活が変わりますよ。こんなに便利になりますよ。」とイメージできるように書きます。

TVショッピングでの紹介の仕方を見ると、同じなんです。
細かい商品説明なんてせず、

「このカメラなら簡単に、よく動き回るお孫さんの写真も綺麗にとれますよ。」

など、使ったときのイメージを丁寧に強く伝えています。

商品レビュー1番目は「良くなる未来」を伝えてあげましょう。

購入までの経緯

次に、「なぜ買おうと思ったか」を書きます。

世の中の商品の多くは「問題を解決するため」に存在しています。

より速く、より便利に、より快適に。

つまり、購入に至る前には「何かの課題や悩み」があるわけです。

「あーそうそう。あるあるソレ」と共感してもらえるようなエピソードが書かれていると良いでしょう。

・いつ
・どんな時に
・どのように
・どれくらい
・だれが
・いくら(費用負担)

の5W1Hに分けて書くと、より共感しやすく分かりやすくなります。

購入して失敗したこと

ユーザーは良い情報だけを求めているわけではありません。

何かを買おうと思ったときに、
「良いと評判だけど、商品の良くない点はどこなのか?」

と思ったことはありませんか?

人は「良かったときに比べて、損をしたときに受ける印象のほうが大きく感じる」傾向があります。
良くない点を知りたがるのは、このためなんですね。

なので、「評判だったけど、この点は気に入らないなぁ…買わなきゃ良かった」となることを避けたいと思っています。

なので、実際に購入してみて良くなかった点も書いてあげると、ユーザーは安心感を得ることができます。

他の人のレビュー

日本人は特に他人のレビューを気にするそうです。
1人の意見だけでなく、「みんながオススメしているから良いもの」と判断する傾向が強いそう。

商品レビューする際は、他ブログやツイッターなどから適度に引用して評判を記載してあげると良いでしょう。

比較検討した類似商品

あなた自身が、購入する前に検討した類似商品を紹介します。
あなたは検討した類似商品を購入しませんでしたが、他の人は違うかもしれません。

意外と面倒なのが、この「類似商品」を調べること。
あなたが不要としたものが、他の人にとっては求めていたモノかもしれません、

だからこそ、類似商品の提示は喜ばれます。

あなたのおかけで、探す手間が省けたのですから。

商品の保証

人によって、購入する際の決め手は異なります。

値段で決める人もいれば、作られたストーリーを買う人、メーカーを優先する人、様々です。

その決め手の中でも重視する人が多いことは、「保証があるかどうか」

例えば、
「30日間返金保証」
「2年間修理保証」
など。

この点は公式サイトに書いてあっても、紹介してあげると喜ばれます。
保証があればぜひ書いてあげてください。

補足:タイトルに商品名を入れるか?否か

「タイトルにキーワードをいれる」
SEOの基本ですが、商品レビュー記事においては様々な意見があります。

例えば、

「商品名で検索する人が多いから、商品名は必須」

「AX-250を商品レビュー!みたいなタイトルだと、自分に関係ないと思われてスルーされやすい」

どちらも正しいですね。

検索意図によって向き不向きがあるので、両方試してみると良いですよ。

「〇〇に困っているあなたの悩みを解決する方法」

というタイトルと

「AX-250のメリットデメリットを徹底解説」

というタイトル。

検索してくるユーザーが異なるので、どちらのユーザーに見てほしいか?によって変えてみてください。

まとめ

自分自身の経験がコンテンツになるのが、商品レビューです。
「親しい人にオススメするとき」のように記事を書く。

そうすれば、見に来てくれたユーザーにもきっと役に立つはずです。

ではでは!

その他の100記事を書く方法はこちら
根性論ゼロの100記事講座