共働きの子育て・仕事・趣味を楽しむブログ

【HA-KS2レビュー】シンプルで壊れにくいヘッドホン構造で子供も使いやすい!【JVC】

【HA-KS2レビュー】シンプルで壊れにくいヘッドホン構造で子供も使いやすい!【JVC】

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

子どもにヘッドホンを使わせるとき、壊さないか心配・・。
なるべく壊れにくいヘッドホンってある?

という、疑問に答えます。

JVC HA-KS2」は、大きめのイヤーパッドの子ども用ヘッドホン。
イヤーパッド部が固定式のため、折りたたむことができません。

ですが、その分シンプルな構造なため壊れくいのが特徴です。

JVC HA-KS2を装着したぬいぐるみ
https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/07/icon-nozawa4.pngノザワ

全体的に太く頑丈そうなデザイン!

この記事では、「JVC 子供用ヘッドホン HA-KS2」について、紹介していきます。

JVC HA-KS2の外観

JVCケンウッドは、日本生まれのメーカー。
日本ビクターとケンウッドが経営統合した会社です。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/07/icon-nozawa3.pngノザワ

音響機器メーカーとして長い歴史がありますよ

JVC HA-KS2」は、シンプルな構造が特徴の子供用ヘッドホン。

JVC HA-KS2の全景

子供用ヘッドホンをいくつか調べてみると、多くのヘッドホンはイヤーパッド部分が可動します。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/07/icon-nozawa3.pngノザワ

イヤーパッド部が動くと、より高いフィット感を得ることができます。

ですが、「JVC HA-KS2」はイヤーパッドが固定式。
動かすことができません。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-odoroki.pngヨメちゃん

ええー。
それって、あまり良くないのでは?

たしかに、イヤーパッド部分が動く方がフィット感はあります。

ですが、イヤーパッドが動くということは、動かすために必要なパーツも多いということ。
パーツが多ければ、衝撃に弱い箇所も増えて壊れやすくなる。というデメリットもあります。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

なるほど〜。
小さい子どもだと、乱暴に扱うこともあるもんね。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/07/icon-nozawa3.pngノザワ

そう!
シンプルな構造だからこそ、ぶつけても壊れにくい。と言えます。

JVC HA-KS2」の本体重量は、実測で111グラム。

ヘッドホンサイズ調整部分は、「数字」で長さを確認できます。

JVC HA-KS2のサイズ調整
https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

コレはいい!
かずが分かる年齢であれば、自分で調整できるね。

JVC HA-KS2」は、左右を示すLR表示が外側に表示されています。

左側だけに突起がついていて、目が見えない人・視力が弱い人にも配慮されていますよ。

JVC HA-KS2はL側に突起あり

JVC HA-KS2」のコードの長さは、プラグ部分からヘッドホン接続部まで「85cm」。

JVC HA-KS2の全景

JVC HA-KS2」のカラーバリエーションは

  • イエロー
  • ピンク
  • ミントブルー
  • レッド

の4つがあります。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

子どもらしい、ハッキリとしたカラーリングがいいね。

JVC HA-KS2装着感

JVC HA-KS2」は、サイズ調整可能ですが、イヤーパッドが固定式。

HA-KS2のクッション部分

イヤーパッドの直径は、約6.5cm強。
子ども用ヘッドホンの中では大きめで、装着時の負担を減らしてくれます。

イヤーパッドの厚みは、約1.6cm。
十分な厚さで、子どもの耳をしっかり包み込んでくれますね。

JVC HA-KS2付属品

JVC HA-KS2」の付属品は、

  • 日本語説明書(保証書)
  • カスタマイズシール

となっています。

カスタマイズシールはちゃんと名前が作れるように、AやIなど、よく使う文字が多めになっています。

JVC HA-KS2のカスタマイシール
https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

文字が足りなくて作れないと、悲しいもんね。

JVC HA-KS2」は太めのデザインになっていて、カスタマイズシールをたくさん貼ることができます。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

おうちにあるシールもたくさん貼れて、子どもが喜びそう!

細いと子どもが踏んだりした時にも折れやすいですが、太く丈夫に作られているのが「JVC HA-KS2」のメリットですね!

JVC HA-KS2まとめ

イヤーパッド部が動かない。という点をデメリットに感じる人もいるでしょう。

ですが、可動する部分が少ないということは、それだけ壊れにくいとも言えます。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/07/icon-nozawa4.pngノザワ

下の子がまだ小さくてイタズラして壊しそう。
という、家庭にこそピッタリです!

以上、「【HA-KS2レビュー】シンプルで壊れにくいヘッドホン構造で子供も扱いやすい!【JVC】」という記事でした。

ではでは。
野沢 謙介(@thundergirl6063)でした。

子供用ヘッドホンまとめはコチラ

【実機レビュー】おすすめの子供用ヘッドホン5つを実際に買ってみました。【4千円以下】【実機レビュー】おすすめの子供用ヘッドホン5つを実際に買ってみました。【4千円以下】