共働きの子育て・仕事・趣味を楽しむブログ

手帳に書いた目標を達成する「振り返り」の方法[忙しいワーママ・ワーパパにこそオススメ]

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-komata.pngヨメちゃん

目標をたてるけど、やったことをふりかえる方法が分からない…。どうやってふりかえるのがいいの?

という疑問にこたえます。

仕事で、プライベートで、目標を決めている人も多いと思います。

ただ、

「目標を立てて行動してみても、いまいち成長している実感がなく、やめてしまった。」

なんて経験ありませんか?
僕はあります。しかも、何度も。

自分が決めた目標達成できないなんて、僕はダメだな・・・なんて思ったこともありました。

でもそれは、自分がダメなのではなく、

「何が良かったのか」「何を改善すべきか」
ふりかえりがうまくいっていないから。


かもしれませんよ。

この記事では、ふりかえりをして効率よく目標達成に近づきたいアナタに向けて、

ふりかえりの方法」を紹介します。

まず、はじめに「どうやってふりかえりをするのか?
ふりかえりの手法を紹介します。

記事の後半では、
・そもそも、何のためにふりかえりをするか
経験から学ぶ3つの力はどのようなものか

などを解説していきます!

Youtube・ポッドキャストでも配信中!

ふりかえりの手法

誰でもカンタンにできて、オススメのふりかえり手法は、

  • KPT(ケプト)
  • WYT(ダブリューワイティー)

この2つです!

KPTとは?

KPT ふりかえりの手法

KPTは、

Keep:続けたいこと
Problem:課題に感じること
Try:次にやること

の順番で考える思考法のひとつ。

ふりかえりをしようとすると、私たちはどうしても、悪い点やできなかったことに目を向けがち。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-komata.pngヨメちゃん

たしかに・・どうしてできなかったんだろう?と考えちゃうよね

でも、目標達成のためには、

できなかったことをできるようにする

だけでなく。

できたことを継続する
できたことをより良くする

ことも大切ですよね。

つまり、自信が継続のモチベーションになり、さらに目標達成に近づく。ということ。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/07/icon-nozawa4.pngノザワ

できたことをちゃんと認識すると、自信につながります。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

ふむふむ。KPTをやるコツはある?

KPTをうまくやるコツは、

K,P,Tそれぞれを順番に考えること!

人はできなかったことがあると、どうしても先に「原因」〜考えがちです。
すると、悪いことできなかったことばかりにフォーカスし、テンションもあがりません。

できたこともあったはずなのに、これでは楽しくないですよね。

課題→できたこと

の順番で考えるより

できたこと→課題

の順番で考えるほうが、楽しくふりかえりができます。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

だから、最初に「K:よかったこと・続けたいこと」を考えるんだね!

ふりかえりの手法の書き方

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

KPTについては分かった!で、どうやって書いていけばいいの?

手帳やメモ帳に、

keep
良かったこと1
良かったこと2

Problem
課題1
障害1

Try
チャレンジすること1
次やること1

のように縦に書いてもokですが、紙1枚を3分割して順番に書いていく方法もオススメ。

こうすると、

・あとでKeepやProblemを思いついたときでも書き足しやすい
・Tryのアイデアをたくさんかける

というメリットがあります。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/07/icon-nozawa4.pngノザワ

ミーティングなどでホワイトボードに書く時にもオススメ!

ふりかえりってなんのため?

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

そもそも、ふりかえりって何のためにするの?
しなくても目標達成できるよね?

たしかに、日々やることを積み上げていけば、ふりかえりをしなくても成長することはできます。

ただ、日々やることがたくさんあるワーママ・ワーパパにとって、振り返りをすべき2つの理由があります。

それは、

  1. 経験を次の成長に活かすため
  2. 成長の機会を自ら得るため

この2つです!

経験を次の成長に活かすため

目の前にあることをこなして、課題や失敗したことを先送りしても、結果を出すことはできます。

でも、どうでしょう?

より良くすることを見つけ、課題を解決し、失敗から学ぶことでより成長し、目標達成に近づけるんじゃないでしょうか。

なので、「ふりかえり」は、日々やることがたくさんあるワーママ・ワーパパにとって重要なことなんですね。

成長の機会を自ら得るため

20代の頃に比べて、人に教わったり怒られたり指摘をもらうことが少なくなった。と感じたことありませんか?

仕事の経験が浅い20代の頃であれば、教えてもらう機会も多いです。
でも、30代になると仕事にも慣れて、失敗の数も少なくなる。

つまり、成長に必要なフィードバックの機会が減るということ。

なので、「ふりかえり」はワーママ・ワーパパにこそ大切です。

経験から学ぶための3つの力

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

ふりかえりをした方がいい理由もわかった!
でも、ふりかえりすれば成長につながるわけじゃないよね。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/07/icon-nozawa3.pngノザワ

そうだね。じゃあ次は、「経験から学ぶための3つの力」を紹介するね!

経験から学ぶ力には、3つあるとされています。

  1. ストレッチ(挑戦する力)
  2. リフレクション(ふりかえる力)
  3. エンジョイメント(意義を感じる力)

この3つ。

ストレッチ(挑戦する力)

挑戦するといっても、自分の能力をはるかに超えた目標(パニックゾーン)を設定してしまうと

・どうせできない
・やっぱりムリだった

という思いがでてきて、成長につながりにくいです。

じゃあ、どうすれば良いかというと、

ストレッチゾーン「ちょっと背伸びするくらいの目標」に設定するのがポイント。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

なるほどね!
カンタンな課題ばかりやっていても成長しないもんね。

リフレクション(ふりかえる力)

2つ目の経験から学ぶ力は「リフレクション(ふりかえる力)」。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/07/icon-nozawa3.pngノザワ

リフレクションは、今回の記事「手帳に書いた目標を達成する振り返りの方法」に関連するので、くわしく説明しますね。

リフレクションをうまくやるにはどうすればいいのか?
ポイントは3つあります。

  1. やりながらふりかえる
  2. フィードバックをもらう
  3. 批判を受け入れる

■やりながらふりかえる

特に、長い時間をかけて達成するような目標の場合、行動が終わってからふりかえっても学びが少ないケースがあります。

例えば、3ヶ月で4kg痩せる。という目標を立て、3ヶ月後に3kgやせていて目標達成できなかった。

という結果があったとします。
3ヶ月後に「次はこうしよう」と考えるより、

1ヶ月すぎたところで

・このペースだと、どうなるかな?
・より近くにはどうすればいいかな?
・より良くできる方法はないかな?

とふりかえりをすれば、目標により近づいていたかもしれないですよね。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/07/icon-nozawa3.pngノザワ

要は、「途中で軌道修正ができるようにするために、やりながらふりかえる」ということです。


■フィードバックをもらう

リフレクション2つめのポイントは「フィードバックをもらう」。

フィードバックをもらう、を簡単にいうと、「人から意見をもらう」ということ。

たとえば、

  • 友達に悩み事を相談したら、意外な意見をもらって新しい気づきがあった。
  • 上司から自分では思ってもいなかった、強みや良いところを教えてもらった
  • 自分では良いと思っていた行いが、人に不快感や不利益を与えていた。

と、こんな経験は無いでしょうか?

人は、自分自身では気づけない視点があるもの。

なので、ふりかえりにおいて「他人からフィードバックをもらう」というのは、大事なポイント何ですね。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

いろんな人の視点があるからこそ、気づきも多いよね。


■批判を受け入れる

リフレクションのポイント3つ目は、「批判を受け入れる」という点です。

人からフィードバックを受けるとき、良いことばかりとは限らないですよね。
ときに、耳が痛い指摘もあると思います。

そんなとき、

「頭では分かっているけど、なかなか受け入れられない・・・」

と感じることもあるでしょう。

しかし、耳が痛い・なかなか受け入れられないと言う事は、本当は自分でもわかっていると言う側面もあります。

なので、ふりかえりにおいては、

柔軟な気持ちで、相手の批判を受け入れる」という点も大事なポイントになります。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/07/icon-nozawa3.pngノザワ

共感できなくても、「なるほど、そういう意見もあるね」と思うだけでも、十分です!

エンジョイメント(意義を感じる力)

さて、話を「経験から学ぶための3つの力」に戻します。

3つめの経験を成長につなげる力は「エンジョイメント(意義を感じる力)」です。

1つめ「挑戦する力」、2つめ「ふりかえる力」が大切だと、わかっている方は多いかと思います。
ただ、この2つだけだと、どうしてもストイックになりがち。

分かっていても、がんばれない時もありますよね。

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-komata.pngヨメちゃん

誘惑に負けるときって、あるよね・・。

そこで大切になるのが、「エンジョイメント(意義を感じる力)」になります。

これはどういうことかというと、

  • そもそも、この目標や取り組みは何のためにするのか
  • 自分がどうなりたいのか

を感じる力のこと。

先ほどのダイエットの話を例にしてみます。
「ただ痩せる」という思いだけだと、なかなか続かないですよね。

ですが、「夏までにTシャツが似合う体になる!」といったような、意義があれば続けていけそうに感じませんか?

https://tsukuru-blog.com/wp-content/uploads/2019/01/icon-normal.pngヨメちゃん

なるほどね!
目的をハッキリさせた方が続けやすいもんね。

ふりかえりのオススメ書籍

最後に、僕自身が読んでためになった・参考になった本を紹介します。

これだけ!KPT

数少ない(というか、これ以外ないかも)KPTだけの情報がまとまった本。

K,P,Tそれぞれを考えるコツや、チームで実施する際のポイントなど、理論から実践まで深く書かれた本です。

職場が生きる 人が育つ「経験学習」入門

仕事での学びを成果につなげるには、どうしたらいいのか?
そもそも人が経験から学びを得ていくのは、どういう仕組みなのか?

が解説された本。

「ふりかえり」は成長に必要なひとつの要素でしかありません。
この本を読むと、成長に必要な全体像が分かりますよ!

今回紹介した「経験から学ぶための3つの力」は、この本を参考にさせていただきました。

働く大人のための「学び」の教科書

働く大人にとって「学ぶ」って、どういうこと?
そもそも、学ぶってどうやるの?

・本を読んだり、セミナーに参加しているけど、いまいち仕事に結びつかない
・時間とお金ばかりかかって、身になってない

そんな‪悩みを持つ人に、オススメの1冊。

まとめ

目標に対してやるべきことを積み重ねていっても、目標を達成することはできます。

でも、ふりかえりをすることで、

・できたことは、より良くする方法
・できなかったことは、できるようにする方法

を考えると、より目標達成に近くことができます。

この記事が少しでも、あなたの目標達成に役立てばうれしいです。

ではでは。
野沢 謙介(@thundergirl6063)でした。