>>読みたい記事がすぐ見つかるサイトマップ

もらって嬉しい!1万円以下で人とかぶらない出産祝い4選

子どもが生まれた時に、よく「出産祝い、何が欲しい?」と聞かれました。

贈る側が独身だと、何を買えばいいのか正直わからないですよね。
贈られる側も、すでに両親に買ってもらったりして、何をお願いすれば分からないことも・・。

定番の「オムツケーキ」や「ベビー服」「おもちゃ」などではない、ちょっとヒネリの効いた出産祝いのアイデアを集めて見ました!

おしりふき メーカーセット

独身・プレママプレパパ(出産前や妊娠中のパパママのこと)にとっては実感しにくいことですが、おしりふきを毎日毎月大量に使います。

おしりふきやオムツは、出産した病院でもらった試供品のメーカーを使い続ける人が多いようです。
もしくは、1枚あたりの単価が安いと評判のメーカーを使い続ける、と言うパターン。

なので、いろんなメーカーのおしり拭きを購入して包装し、「お試しセット」の様にしてプレゼントすると、贈られた人が「いろんなメーカーを試した上で、自分で納得したもの使い続けられる」ため喜ばれること間違いなしです!

アマゾン おしりふきレビュー

コスパ最強のamazon おしりふきレビュー記事も書いてます。

ハンドブレンダー

赤ちゃんは、だいたい4-6ヶ月くらいから「離乳食」が始まります。

最初は、おかゆをなめらかにすりつぶした状態から始め、野菜・豆腐・白身魚などを試していきます。
当然、赤ちゃんが上手に飲み込めるようにつぶすんですが、これがなかなかの大変さ・・・。

そんな時にハンドブレンダーがあると、余裕がないパパママでも家事の時短になって、助かります!!

ハンドブレンダーについては、僕が実際に使ってよかったブレンダーの購入レビューしていますので、参考にしてみてください。

パパ向け育児本セット

僕自身が、育児をしていくうえで最も大事だと思うこと。それは、

「パパの育児への姿勢・関わり方」

残念なことですが、「2人で育児をしていく」という意識が少ない新米パパが多いんです。
そうならないために、もしくはパパの意識改革(笑)するために読んで欲しい「パパ向け育児本」のセットはどうでしょうか?

特に「ワーキングカップルの人生戦略」は、子どもが生まれて環境が激変する子育て家庭にオススメ。
結婚したカップルに向けて

・コミュニケーションの取り方
・時間の使い方
・妊娠、出産戦略
・育児戦略
・お金の戦略

について、書かれています。
著者は、働き方改革のコンサルティングなどを行う会社経営者「小室淑恵」さんと、小規模保育園・病児保育などを行うNPO法人代表「駒崎弘樹」さん。
全てのワーキングカップルにオススメしたい。

家事代行

「出産祝い」となると、オムツやおもちゃなど[モノ]をよく選ばれますが、「家事代行サービス」を贈るのもアリです。

初産の場合、それまでやったこともなく責任の大きい「育児」という大事業を予行演習もなくするわけですから、「誰か家事をやってくれたら・・!!」と思うママは多いようです。

なので、「家事代行サービス」を送るのは、大変喜ばれることでしょう。

お届けしたいのは「心」と「時間」のゆとりです【家事代行サービスキャットハンド】

まとめ

「あまり高いモノは、かえって気を使わせるカモ」
「人と出産祝いがかぶるのは困るけど、商品券やギフト券では味気ないなぁ・・。」
と思っていた方の参考になれば!

ではでは。