>>読みたい記事がすぐ見つかるサイトマップ

共働き家庭の家計管理、どうしてる?

共働きの家計管理

共働き家庭では、収入が夫と妻で2つありますよね。
そんなときによくある悩みが

「どのように家計を管理するか」

ということ。

よくある家計管理方法と、我が家で実践している方法を紹介します。

よくある共働きの家計管理:お小遣い制

お互いの給与を全て1つにまとめて、お小遣い制。ってやつですね。

我が家でお小遣い制を採用しなかった理由は、
「人任せになると危機感がなくなるから」

2人とも収支を把握して、その上で任せるなら良いかと思います。

ただ、お小遣い制にしていると任せているほうは家計に無頓着になる、と意見が一致したので採用しませんでした。

我が家のやり方「定額制」

家賃などの生活費に貯金額を合算。
夫と妻で半分ずつだして、決められた金額で家計をやりくり。

ちなみに、「生活費」の内訳はこんな感じです。

家賃
電気代
ガス代
水道代
ネット代
食費
保育園代
帰省旅費積立

貯金額と合わせると、1ヶ月28万円ですね。

光熱費や食費は変動しやすいので、想定よりやや高めに計算。
なお、保険代・携帯代は各自で支払っています。

車・家所有が無いウチでは、保険が最も高い買い物になりますので、子供が生まれる前に見直しをしました。
保険見直した時の記事はコチラ

子持ち共働き夫婦が、保険を見直す時にやるべき2つのポイント

余った分はどうするの?

定額の中で余った場合は、そのまま貯金として貯めていきます。

足りない分はどうするの?

足りない分は、どちらかが一旦立て替えをして、翌月に必要金額の見直し。

我が家も最初から最適化な金額が分かっていた訳ではなく、2度ほど合計金額を見直しています。

定額制のメリット

最大のメリットは、家計簿をつけなくても支出の把握ができる点。

家庭が赤字にならないようにするには、支出が収入を超えなければいい。
そうですよね?

もし超えるようなら、何かを見直す必要があるということ。

その際に見直しやすいのは、食費など毎月変動する費用ではなく、家賃や携帯代など毎月変わらずにかかる費用を見直すのが見直しのコツです。

細かく計算する必要がないので、メンドくさがりやにこそオススメ。

まとめ

定額制だと、自分たちが望む生活レベルに合わせて調整しやすいのが利点。

それには、いくら必要なのか?をお互いが知るのでら家計のことは全く分からないという状況も防げます。

よければ、試してみてください!

以上、「共働き家庭の家計管理、どうしてる?」でした。

ではでは。

その他の、共働き家庭の家事・育児・家計に役立つまとめは、こちらの記事でまとめています。

共働き家庭の家事・育児・家計に役立つまとめ