kindle初心者のための解説サイト

スマホで読書が疲れる人にはkindle端末がおすすめ。シンプルにわかるkidke端末の選び方

読書で目が疲れる人にオススメ!目に優しいタブレットはAmazon Kindleで決まり

本が好きなのに、読書をすると目が疲れる。
だんだん活字を読むのが辛くなってきました。
何か良い方法はありませんか?

という疑問に答えます。

オススメは、タブレットで電子書籍を読むこと。
タブレットでも読書専用端末「Kindle(キンドル)」がオススメです。

電子書籍リーダーKindleの種類

kidleには3つの種類があります。

内蔵ライトなしのkindle

標準モデル kindle paper white

防水機能付き「Kindle Oasis」

選び方としては、

  • 暗いところで本を読まないのであれば、一番安い「Kindle」。
  • よりクッキリしたディスプレイで読みたいなら、「kindle paper white」。
  • とにかく万能なモデルが欲しいなら「Kindle Oasis」。

という選び方をすれば、間違いありません。

本を長時間読んでいると、疲れ目を感じてくる

僕の母も本が好きで、700ページもあるような小説をよく読んでいます。
ところが、最近は

「細かい文字を読むのが大変でなかなか読み進められない」

と困っていたんですね。
読書している時の疲れ目を防ぐには、

  • なるべく明るい場所で読む
  • 読みやすい眼鏡をかける

などの方法が一般的。
本に書かれている文字のサイズを変えれば見やすくなりますが、そんなことは当然できませんよね。

目が疲れやすい人向けに文字が大きいバージョンの本を販売する。
なーんていうことも、ちょっと現実的ではありません。

でも、「電子書籍」なら、文字サイズを変えられます。
電子書籍は、紙の本をデータにしてスマホやタブレットで読めるようにしたモノ。

データになっているので、文字の大きさを変えたり印をつけた箇所をさかのぼることもカンタンにできます。

電子書籍には販売している会社によっていくつかの種類がありまして、Amazonで販売されている「Kindle(キンドル)」が主流の電子書籍になっています。

ただ、電子書籍で読書するときには、ひとつ問題となる点があるんです。

キンドルなどの電子書籍を読むときの問題点

電子書籍を読む時の問題点は、

「スマホやタブレットで読むと目が疲れやすい」

ということ。

「それじゃ、意味ないじゃないか・・!」
と思いますよね。

そこでオススメなのが、電子書籍読書専用端末「Kindle paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)」です。

キンドル ペーパーホワイトで読書するメリット

読書する人にとって、キンドル ペーパーホワイトのメリットはたくさんあります!
特に優れたメリットを3つまとめました。

  1. 目に優しい
  2. 文字を自分の好きな大きさに拡大できる
  3. 分厚い本を持ち歩かなくても良い

目に優しい

目に優しい理由は2つ。

まず1つ目は、ディスプレイの反射が少ないこと。
明るい日差しの下でもディスプレイが反射しないので、とても読みやすいです。

読書で目が疲れる人にオススメ!目に優しいタブレットはAmazon Kindleで決まり

引用:https://www.amazon.co.jp

2つ目は、ディスプレイの光が直接目に当たらないこと。
スマホのように目に向けて光を当てるのではなく、ディスプレイの表面を照らす仕組みになっています。
そのため、目が疲れにくいんですね。

ノザワ
目が疲れにくいから、寝る前の読書にもぴったり

文字を自分の好きな大きさに拡大できる

本は、種類によって文字の大きさがバラバラ。
特に長編小説は1冊あたりのページ数を少なくするために、小さめの文字になっていることが多いですよね。

でも、電子書籍なら読む人が読みやすい文字サイズに変更できます。

小さめの文字
読書で目が疲れる人にオススメ!目に優しいタブレットはAmazon Kindleで決まり読書で目が疲れる人にオススメ!目に優しいタブレットはAmazon Kindleで決まり

文字を大きくした場合
読書で目が疲れる人にオススメ!目に優しいタブレットはAmazon Kindleで決まり

さらに大きくすることも可能です。
コレは紙の本にはないメリット!

本を持ち歩かなくても良い

長編小説だと、1冊が1kg近くになる場合もあります。
でも、kindle paper whiteなら本体の重さは205グラム。

カバンに入れていても、ほとんど重さを感じないくらいです。

以上、「読書で目が疲れる人にオススメ!目に優しいタブレットはAmazon Kindleで決まり」という記事でした。

ではでは。