家庭・仕事・趣味、30代の生活をちょっと良くするブログ

共働き家庭が都内に住むメリットデメリット・郊外に住むメリットデメリット

これからもフルタイムで共働きを続けたい!という、

・保育園に通わせようと思っているパパママ
・もうすぐ子供が生まれるプレパパ・プレママ

に向けて、「子育てしながらフルタイム共働きを続けていくための住むべき街の選び方」をまとめました。
毎月かかる家賃は安いに越したことはありませんが、「高いことのメリット」もあるんですよ!

子育て家庭は郊外よりも都心住まいがおすすめ

結論から言うと、夫婦でフルタイム勤務を続けていきたいなら

「家賃の安さを重視した郊外」よりも、
「時間を節約できる都心住まい」がおすすめ!!

ポイント
・夫、妻それぞれの会社最寄り駅から会社の最寄りまで、電車に乗っている時間を20分以内に収める。

都心に住むメリット・デメリット

都内に住むメリット

・通勤に時間がかからないため、時短勤務ではなくフルタイムで働ける可能性が高い
・都心のどこへ出かけるにもアクセスが良い

都心に住むデメリット

・郊外に比べて家賃が高くなる

郊外に住むメリット・デメリット

郊外に住むメリット

・都心に比べて、駅から近くて部屋が広くて家賃が安い
・公園や緑が多い

郊外に住むデメリット

・通勤時間がかかる
・遠くなるほど、フルタイムで働ける可能性は低くなる

都心住まいと郊外住まいの比較をしてみた

共働きの賃貸物件、郊外と都内の比較

比較として、「国分寺駅」と「目白駅」で物件を探してみました。

比較条件
駅徒歩10分以内
2LDK
国分寺では「13.5万円」、目白駅では「19.4万円」 の物件が見つかりました。
約6万円の差ですね。

電車に乗っている時間としてはどうでしょうか?
仮に、渋谷駅勤務だとすると、

渋谷駅ー国分寺 30分
渋谷駅ー目白駅 14分

目白駅周辺に住むと、毎日約30分以上の時間ができることになります。
独身やDINKS(子供なし家庭)の頃には想像できないかもしれませんが、毎日30分の時間が作れると言うのは、何よりも貴重。

時間に余裕があるだけで、日々のイライラやあわただしさも変わってきます。

保育園に預けて働く時に考えておきたい、時間のこと

保育園は、預ける園によって預けられる時間が決まっています。
認可保育園であれば、多くの保育園が19時まで。

会社の定時が18時半として、電車で30分かかる国分寺に住んだとしたら、保育園のお迎えに間に合わない。
すると、8時間のフルタイム勤務はできなくなりますよね
8時間勤務で月額20万円の給与から6時間の時短勤務になったとしたら、月額15万円になるということ。

  • 通勤に時間がかかって時短勤務にせざるを得なく、給与が下がってしまっても郊外に住む意味があるか
  • 都内に住むと家賃こそ高くなるものの、時間
という点も、考えてみてはどうでしょうか?

もちろん、郊外がダメというわけではありません。
共働きフルタイムで世帯年収をあげるよりも、広い家子どもといる時間を重視したいのであれば、郊外も選択肢としてありだと思います。

要は、家賃の高い安いで住むところを決めるのではなく、「自分たちがどんな家庭作っていきたいか」によって決めていくのが最適な選び方です。

忙しくても、楽に賃貸物件探しをするには?

共働きだと、夫も妻も帰宅が夜遅かったり、休日も何かと忙しいですよね。

そんな時にオススメなのが、あなたの希望条件にあった物件をチャットで提案してくれるサービス、イエプラ

深夜営業しているチャット不動産屋さん
https://ieagent.jp/

・自分で物件探しをするのが手間
・不動産屋へいく時間がない

というときにも、チャットで条件にあった物件を紹介してもらえます。

未公開物件も紹介
見学まで家から出る必要なし!
深夜0時まで紹介

という点もイエプラを使うメリット!
物件さがしの参考になればうれしいです♪

イエプラの公式ページはこちらから↓↓↓



以上、「共働き家庭が都内に住むメリットデメリット・郊外に住むメリットデメリット」という記事でした。

共働きが損しない賃貸物件の家賃・探し方・選び方まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください