>>読みたい記事がすぐ見つかるサイトマップ

お年玉の習慣に違和感があるアナタへ

日本全国に習慣としてある、正月の習慣「お年玉」。
子どもの頃、貴重な収入源としてとても嬉しかったものです。

ですがここ最近、疑問を持ち始めました。
「思考停止してお年玉をあげていたけど、ホントにこれでいいの?」
と。

そこで去年から始めたのが「本のお年賀」です。

「お年玉って何か意味あるのかなー」

と思った方にオススメですよ!

本のお年賀を始めた理由ーその1

まだお金の概念的が分からないことが多い子どもの場合、親が預かるケースが多いですよね。
しっかりと貯金しているなら良いんですが、使途不明金となることも・・w

もちろん、子どものための食費や衣服を買うお金になるんでしょうけど、「消費」に使われるより「投資」になる仕組みが良いな、と思ったのが1つ目の理由です。

ちなみに、ゆうちょ口座を作って入金していく、というのも考えましたが、味気ないのでヤメました。

本のお年賀を始めた理由ーその2

僕の甥っ子姪っ子は、幼児〜小学校低学年くらい。
お年玉は、年齢に応じてだいたい1,000-3,000円くらいずつあげていました。

お年玉の習慣に疑問を感じたキッカケは、

この1,000円で、彼・彼女たちに価値を感じてもらえているか?

と思ったこと。

お金の価値は変わってしまいます。
でも、本で得た知識や感動の価値は変わらない。
むしろ、それらを使って更に価値を生むこともできる。

ならば、「年齢に応じた本を贈ろう」と思ったんですね。

それに、本であれば

・親子のコミュニケーションが増える
・兄弟がいたら引き継げる
・兄弟がいなくても、対象年齢から外れた本は「図書館に寄贈」「誰かにあげる」などが出来て、長く活用される

という効果もあります。
ただ、お金をあげるよりも、ずっと価値があって人とのつながりが生まれると思いませんか?

本のお年賀のオススメ

去年贈った、今年贈る本たちを紹介します。

「自分も贈ってみたい!でも、どんな本を贈ったら良いか分からない…」

という方は、参考にしてみてください!

ミッケ!

ミッケ!は、実写ジオラマが書かれた中からお題のモノを探す、かくれんぼ絵本。
ウォーリーを探せ!のモノ版といったら分かりやすいかも。

たから島、学校、おもちゃ箱などのシリーズがあって、兄弟で違うシリーズをあげても良いと思います。

数を数える練習、物の名前を覚える練習も出来てオススメ。

りんごかもしれない

ある日、男の子が学校から帰ってくると、テーブルのうえにリンゴが置いてありました。
しかし、そのりんごを見て、とある疑問を抱いてしまった男の子。

「もしかしたらこれは、りんごじゃないのかもしれない」

りんごがりんごであることを疑う男の子の想像は、とどまるところを知らずにどんどん大きくなっていきます。
絵本ナビ

視点を変えることでアイデアや想像力を刺激される、大人も楽しめる絵本。
作者のヨシタケケンスケさんは、他にも絵本を出していて、どれも常識を壊した発想がとても面白いです。
「アタマを柔らかくしたいなぁ」という大人にもw

みんなのためのルールブック ―あたりまえだけど、とても大切なこと

人を思いやる心、自分を大切にする心を育てる50のルールを、小学校低学年でも読めるようにシンプルにして、総ルビをふりました。
礼儀やマナー、社会のルールを守ることがなぜ大切なのか、親子でいっしょに考える本

「BOOK」データベースより

子どもは大人のすることをマネて育ちます。
大人がきれいな言葉を使えば、子供もきれいな言葉を話します。
大人が礼儀正しくすれば、子供も礼儀正しくします。

そんな「あたり前のマナー」が50書かれている本。

年長〜小学校低学年くらいがオススメ。

まとめ

より良いお金の使い方を考えていた時に、「本のお年賀」を思いつきました。
現金と本。
かかる費用は同じ千円・数千円ですが、本はより多くの価値を生み出してくれます。

「お年玉に疑問をもっていた」という方。

今年は、本を贈ってみませんか?

ではでは。

子供とのコミュニケーションについては、こちらの記事もオススメです。

子供とのコミュニケーション