>ブログネタに困ってる人はコチラ

屋外で単焦点レンズSONY SEL35F18を使って撮るならNDフィルターでもっとキレイに撮れる

屋外で単焦点レンズSONY SEL35F18などを使って撮影していてると、明るすぎて写真が白くなってしまったことありませんか?

光がたくさんある屋外で背景をぼかして撮影しようとすると、そんな風に白くなってしまうことがあるんですよね。

子供を可愛く撮るために背景をぼかしたい。でも、F値を小さくすると真っ白になってしまう
そんな人のために、ピッタリなカメラアイテムがあります。
それが「NDフィルター」。

  • NDフィルターとは?
  • どんなときに使うか?
  • NDフィルターありなし比較写真

の3点をお伝えします!

子どもを可愛く撮る本体設定については、こちらの記事が参考になります。
>>ミラーレス一眼カメラα6000で子どもを撮るのに最適なおすすめ設定はコレ!

NDフィルターがあると、どんな風に撮れるの?

まずはNDフィルターを使うと、どんな風に撮れるのか?
比較撮りしてみました。

どちらの写真も8月の晴天時、

・同じ時間
・同じ場所
・同じカメラ(SONY α6000)

で撮影しています。

NDフィルター なし

屋外で単焦点レンズSONY SEL35F18を使って撮るならNDフィルターでもっとキレイに撮れる
(絞り:F1.8 シャッタースピード:1/100 NDフィルターなし)

あらら・・・。
白く色が飛んでしまっていて、なんだかよく分かりません。
光の量が多すぎると、こんな風に白くなりやすいですね。

NDフィルター あり

屋外で単焦点レンズSONY SEL35F18を使って撮るならNDフィルターでもっとキレイに撮れる
(絞り:F1.8 シャッタースピード:1/100 ND8フィルター装着)

今度はハッキリと写りました。
NDフィルターをつけて撮影すると「同じF値・同じシャッタースピード」でも、白飛びせずに撮影が可能なんですね。

というように、NDフィルターは「明るい屋外で背景をぼかしたい」ときなどに活躍します!

NDフィルターの選び方は?

NDフィルターの選び方で重要なポイントは、2つあります。

  • フィルターのサイズ
  • 光を減らせる量

フィルターのサイズを調べるには?

カメラの種類によって取り付けるレンズの大きさが違います。

NDフィルターを取り付けたいレンズまたはカメラのウェブサイトをみると、必ず「フィルター径」が書いてあります。
このサイズと同じNDフィルターを購入すればOK。

例えば、α6000に装着できる「SONY SEL35F18」であれば、49mmのNDフィルターですね。

光を減らせる量

NDフィルターは、製品名の「ND8」が光を減らせる量を表しています。

Kenko NDフィルター PRO1D プロND8

という製品であれば、光量を1/8にするということ。

一般的に使われるものだと、

ND4
ND8
ND16

の3段階くらい。
もっと光量を抑えられる製品もありますが・・。

屋外で子どものスナップ写真を撮るのであれば、ND8が使いやすくオススメです。

NDフィルターはどんなときに使う?

光の強い屋外で子どもを撮影するシーンって、実はけっこう多いと思うんですよね。

  • 晴天時の公園
  • 屋外でのバーベキュー
  • プール遊び
  • レジャー
などなど。

近場・遠出でお出かけしたときにこそ、カメラを持っていくはず。
特に、夏や秋の晴天時に活躍すること、間違いなしです!

NDフィルターありなし比較

屋外で単焦点レンズSONY SEL35F18を使って撮るならNDフィルターでもっとキレイに撮れる
(絞り:F1.8 シャッタースピード:1/100 NDフィルターなし)

屋外で単焦点レンズSONY SEL35F18を使って撮るならNDフィルターでもっとキレイに撮れる
(絞り:F1.8 シャッタースピード:1/100 ND8フィルター装着)

まとめ

カメラにおまかせでも綺麗な写真を取れますが、マニュアル撮影でもっと思い通りの写真が撮れるようになります。

屋外で子どもの写真を撮る機会が多いパパママにこそ、NDフィルターはオススメ!

あなたにはこちらの記事もおすすめ
メルカリで型落ちのカメラ・レンズが早く売れる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください