>共働きパパの人生をより良くするブログ

共働き夫婦が自分時間を作るためにやった新生児の育て方

育児は楽しい、でも「自分の時間が取れない」という悩みはありませんか?
僕らも「自分の時間も大切にできる育児をしたい」と思ったので、色々試行錯誤しました・・。

結果、今では毎日3時間の自由時間を夫も妻も楽しめています。

「自分の時間が欲しい!」という方に、

僕らが現在までにしてきた「毎日3時間を生み出すやり方」をお伝えします。
※全ての赤ちゃんに効果があるとは限りません。あしからず。

新生児〜1歳の育児

妊娠中に当時2歳の男の子を育てている友人から、

「この育児方法いいよ!夜泣きないし、生活リズム整って自分の時間できる。」

と教わったのが、「ジーナ式」という育児方法。

どんな育児方法かざっくり言うと「赤ちゃんの生活スケジュールを月齢ごとに決めて、そのスケジュールごとに過ごす」というもの。

このおかげで6ヶ月頃から「夜泣きほぼなし、朝までぶっ通しで寝る」ようになりました。

赤ちゃんが眠れる環境をつくる

ジーナ式に必要なのは、赤ちゃんが自分のリズムを作れるための個室

つまり、昼間でも眠れるように真っ暗にできる部屋が必要。
大人たちの生活リズムとは異なるリズムを送れるように、部屋を用意するのがベストです。

が、、、うちは1LDKで専用部屋は作れません。。

ポイントは日中でも極力暗くできるようにして、睡眠のリズムを作ること。
なので、とにかく遮光性の高いカーテンを2枚重ねで取り付けました。

なぜ2枚重ねかと言うと、遮光性の高いカーテンでも光は漏れてくるから。
遮光カーテンは1級と2級がありまして、1級のほうが光を通しません。

それでも、日中だと少し光が漏れてきます。
日中でもかなりの暗室を作り出せるので、カーテン2枚重ねはジーナ式にオススメです。

通常、カーテンレールは2本あるので、レース+カーテンではなく、カーテン+カーテンにすればOKですよ。

共働きの家事育児タイムスケジュール

この頃、1日のタイムスケジュールを決めました。
我が家は夫・妻ともに、平日は仕事で土日休みのフルタイム勤務。

タイムスケジュールは、

  • 04:30
    起床 読書・勉強など自分時間
  • 06:00
    朝食作り
  • 06:30
    家族を起こして朝食
  • 07:00
    洗濯・出勤登園準備
  • 07:30
    保育園登園
  • 08:00
    出社 始業までブログ執筆・読書など
  • 09:30
    始業
  • 18:30
    退勤
  • 19:00
    保育園お迎え
  • 19:30
    夜ご飯
  • 20:00
    片付け&お風呂
  • 21:00
    寝かしつけ

10分とかの細かなズレはありますが、だいたい毎日こんな感じ。

休日でも仕事の時間が遊びやお出かけの時間になるだけで、ほぼ変わりません。
ズレたとしてもプラス1時間くらい。
休日も朝7時、遅くても8時には起きますし、寝る時間も同じ。

たまーに聞くのが、
昨日は22時まで一緒に起きてて、今日は20時に寝かしつけた。
というケース。

これでは、子供も生活リズムをつけにくいですよね。

生活リズムをしっかりつけてあげることで、寝つきも良くなるそうです。
生活リズムが乱れていると、睡眠に影響がでるのは子供も同じですよね。

家事育児を習慣化する

タイムスケジュールを決めるメリットは、もうひとつあります。

それは、「家事タスクが習慣化する」ということ。

時間によってやることが決まっているので、考えなくてもやるべきことを夫婦2人で進められます。

例えば、「お風呂に入れる」というタスクは「入浴する」だけじゃなく、

・タオルを用意する
・布団を敷く
・オムツを出しておく
・着替えを出しておく
・お風呂上がりの水分補給を用意する

までをやる、とお互いに分かっている状態を作り出すことが大切。

共働きだからこそ、全ての家事と家庭運営を回す仕組み作りをする。

これが、1日2時間の自由時間を生み出すコツです!

他にも、時間を作るために有効なのが「家事の自動化」。
食器洗い乾燥機やドラム型洗濯乾燥機など色々ありますが、イチオシは「拭き掃除ロボット ブラーバ」。

まとめ

不思議なもので、ひとりで家事育児をやると負担は2倍ですが、ふたりでやると負担は半分以下になります。
「自分は何をしたいか」「どうしたらできるようになるか」
をぜひ話し合ってみてください!

ではでは。