>ブログネタに困ってる人はコチラ

賃貸の火災保険おすすめ!安くて節約できる保険を2つ紹介します

賃貸の火災保険見直しで節約!安くておすすめの保険を2つ紹介

賃貸に住んでいる方が、契約時に必ずといっていいほど入る保険が「火災保険」。
不動産屋さんに言われるがままに、1万~2万円の保険に入っている方が、ほとんどだと思います。

でも、それ不動産屋さんが提示する保険じゃなくてもいいんです。
今回は、僕が入っていた火災保険と見直したポイント・加入した保険を紹介します。

もし、他の保険を契約したばっかりでも大丈夫!。
途中切り替えも可能ですよ。

賃貸向けのおすすめ火災保険

日新火災「お部屋を借りるときの保険

全労済「住まいる共済

決めた火災保険

今回は、全労済「住まいる共済」に決めました。
決め手は、保険料を半分以下に抑えて、補償額がアップした点です!
保険料は年間10,000円から年間4,250円になりました。

見直し前の補償内容

* 家財保険 340万円
* 個人賠償責任保険 1億円
* 借家人賠償責任保険 1500万円

見直し後の補償内容

* 家財保険 340万円→500万円(アップ!)
* 個人賠償責任保険 1億円→なし
* 借家人賠償責任保険 1,500万円→2,000万円(アップ!)

個人賠償責任保険がなくなっていますが、別の保険に同額の補償があったため、外しました。

こんな人に向いてます

「下げられる固定費は出来るだけ下げたい」という方にオススメ。

火災保険は、1年契約が基本。
賃貸契約は、2年契約が基本。

今の火災保険の保険料が1万円だとしたら、賃貸契約2年で2万円かかるわけです。
これを保険料4,000円の火災保険に変えたら、年間6,000円、4年で24,000円が節約できます。

しかも、補償額はアップして、もしものとき大家さんへの補償額は大きく。

気になる方は比較してみてくださいね!

日新火災「お部屋を借りるときの保険

全労済「住まいる共済

保険料をさらに節約するなら、プロに相談がオススメ

人生の中でも高い買い物と言われる、「生命保険」。
昔に入った保険をずっと入り続けていませんか?

ノザワ
ムダなのは分かっているけど、自分に合う保険を選ぶのはメンドくさい・・。

とお悩みの人におすすめなのが、お金のプロ「ファイナンシャルプランナー(FP)」に相談すること。
あなたの人生設計を聞いた上で、ぴったりな保険を選んでくれます。

FPへの相談料は、「無料・有料」両方のケースがあります。
有料相談であればしっかり対応してクレオスですが・・・まずは無料で相談してみたいですよね。

ただ、信頼できるFPを探すのも大変ですし、時間もかかります。

そこで、忙しいあなたに代わって、

  • 相談は無料
  • 日本全国対応可能
  • 相談した人の評価が高い

という、保険相談会社を選んでおきました。
相談先の参考にしてみてくださいね!

\ 独自の接客基準で初めてでも安心! /

無料相談をしてみる



そもそも火災保険ってなに?

火災保険は、次の3つの補償に分かれています。

  • 家財保険
  • 個人賠償責任保険
  • 借家人賠償責任保険

各保険会社によって何が違うのかというと、「この3つの補償される金額が高い低いか」の違い。
では、これら3つが何のための保険なのか?

家財保険

家財保険は「自分のため」の保険です。
火事でテレビや冷蔵庫やその他諸々が燃えてしまったとき、買い直すための保険。と考えると良いでしょう。

個人賠償責任保険

個人賠償責任保険は「他人のため」の保険です。
自分の家が火元で、隣の部屋や隣家に燃え移って損害を与えてしまったとき。
その賠償責任のための保険です。

また、自転車で人にぶつかって怪我をさせてしまった。というときにも使えます。

要は、自分が原因で他人に損害を与えたときに使える保険ですね。

借家人賠償責任保険

借家人賠償責任保険は「大家さんのため」の保険。
賃貸契約では原状回復(わかりやすく言うと元に戻す)責任があるため、火事になってしまった時に直す費用にあてられます。

保険を決めるときの大事なポイント

火災保険に限らず、保険はオプションで儲ける商売です。
あれこれ理由をつけて「この補償もあった方が安心ですよ」「水害のときの補償もどうですか?」とすすめてきます。

確かにあれば安心でしょうが、5階の部屋に水害補償いりますか?大人2人幼児1人暮らしで500万円の家財保険が本当に必要ですか?

ノザワ
自分たちに必要な補償額を考えて、無駄な保険料を減らすことがポイント

まとめ

契約時に加入してなんとなく更新しがちな火災保険。
同じ補償額でも保険料が安く保険があるかもしれませんよ。

もし、これから物件探し・転居を考えているけど、「忙しくて不動産屋にいけない!」という方は、深夜0時まで対応してくれる「イエプラ」がおすすめ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください