>>読みたい記事がすぐ見つかるサイトマップ

保育園送迎ルールを決めると働き方も決まる?

共働きの保育園お迎え

子どもが保育園に通うとなったときに悩むのが、パパママどっちがどういうルールで送迎するか。

実家との距離、時短やフレックス、リモートワーク可・不可によっても違ってきますので、

  • 夫も妻もフルタイム
  • 子ども1人
  • 実家は遠いため両親を頼ることは不可

という我が家のケースで、最適と判断した方法をご紹介します。

これから子どもが生まれる方、もうすぐ保育園に通わせる方は参考にしてみてください!

独身の人にも役立つ内容もある…?

最初のルール

入園通知をもらって、すぐに送迎ルールについて話し合いました。

最初に案として出たのが、

送りは僕、迎えは妻。
というパターン。
周りでもこのパターンは多いようです。

1週間試してみたところ、妻側のストレスが高くなり廃止になりました。

理由は、毎日定時で帰らないといけないから
保育園の最終お迎え時間に間に合うには、18時には会社を出ないといけない。
残業は実質無理。

ですが、業務や時期によっては残業になることもあるのに対応できないことが、かなりのストレスだったようです。

そりゃそうですよね。
同じようにフルタイムで働いているのに、妻だけに制限があるのは、おかしな話です。

これが共働きフルタイムでの最適ルール


現在は、

夫:月火の送り迎えと水曜の迎え
妻:水曜の送りと木金の送り迎え

となっていまして、表にするとこうなります。

送り
迎え

メリット

夫と妻で送り迎え日をそれぞれ持つメリットは、

「迎えに行かなくても良い日=残業可能な日がある 」

これに尽きますね。

前提として無駄な残業は減らすべきですが、それでも繁忙期などは残業が発生するもの。

「残業が可能な日」があれば、上司やメンバーも仕事を頼みやすくなりますよね。

また、保育園お迎えに間に合うように業務を終わらせるために、

業務量を普段から調整する。
先手先手を打っておく。

などの対策をとるようになります。

時間が限られているからこそ、ムダを排除した時間の使い方を強く意識するようになり、生産性が向上します。

いつから準備しておくか

できれば妊娠が判明した段階で、どういう働き方をしたいか上司やメンバーと話しておくのが、オススメ。

さらには、「家庭と仕事の両立」をしにくい職としやすい職があります。
業界によっても違いますし、業種によっても違います。

例えば、人事部
中途採用の面接は、応募者が仕事を終えた18-19時以降に行われることが多いので、お迎えがあると難しいかもしれません。
もちろん、環境や調整次第かもしれませんが…。

逆に、自分自身の裁量で業務量を調整しやすい職「家庭と仕事の両立」がしやすいと言えますね。
例えば、自社事業会社のwebデザイナー・エンジニア。

「こういう風に働きたい」の実現が難しい職・職場にいるのであれば、早めにキャリア設計をしておくのがベストです。



まとめ

生き方・働き方は人それぞれです。
子育てに積極的に関わることが最良とは思いませんが、赤ちゃんから幼児になるのはあっという間

わずか1年で、多くの子が立てるようになります。
その間にも「今しか感じられないこと」がたっくさんあります!

本当に人生で大切な時間は何か。
大切なことに時間を使うためには、どうすれば良くて何が足りないか。

考えてみませんか?

以上、「保育園送迎ルールを決めると働き方も決まる?」でした。

ではでは。

その他の、共働き家庭の家事・育児・家計に役立つまとめは、こちらの記事でまとめています。

共働き家庭の家事・育児・家計に役立つまとめ