>>読みたい記事がすぐ見つかるサイトマップ

共働き家事分担のイライラを減らす2つのポイント

家事負担を減らす方法・コツ

結婚して共同生活が始まると、必ずといっていいほど発生するのが「家事分担」の悩み。

「自分ばかりやっている」
「言わないとやってくれない」

なんてことありますよね。

そんな方に家事分担のイライラを減らすポイントをお伝えします!

そもそも家事って何だろう?

家事を分解すると、料理、洗濯、掃除の3つに分類されることが多いですよね。

「あなたは掃除ね、私は料理。」

というような、分担をする家庭が多いのでは?

ですが、そもそも「料理、洗濯、掃除」に分類すること自体が間違っていると、僕は考えます。

僕が思う家事の分類は、

ゼロをプラスにする作業
マイナスをゼロにする作業

この2つです。

家事は2つに分類される

例えば、子どもにスプーンの使い方やトイレトレーニングを教えることは、もともと出来ていなかった(ゼロ)を教える(プラス)こと
つまり、ゼロからのスタート。

例えば、トイレ掃除は汚れた箇所(マイナス)を綺麗な状態に戻す(ゼロ)こと
つまり、マイナスからのスタート。

この分類だと、

「料理(プラスにする)は好きだけど、食器洗い(ゼロに戻す)は気が進まない」

という場合に、好きなこと・嫌ではないこと・得意なことを分担することができますよ。

家事分担を減らすポイント

共働きの家事分担
共働きでフルタイムで働いて家事も育児も1人でやる、なんて無理です。睡眠時間や自分のための時間を減らせば可能かもしれません。

でも、そんなことをしたらどうなるかは想像つきますよね…。

もし、あなたが家事分担をしたいと思うなら、ポイントは2つ。

その1.自分の家事のやり方が最良と思わない

妻も夫も所詮は他人。
生まれた家庭が違えば、食事のルールひとつとっても異なり、一人暮らしをしていたのであれば、自分のやりやすい家事のルールを誰しも持っています

自分のルールが最良と思って他人同士が暮らし始めると、どうなるか。

相手は異なるルールを持っているので、意見衝突は必然ですよね。

相手の家事のやり方にイライラしたら、相手にぶつける前にちょっとだけ考えてみませんか?

  • なぜ自分は、このやり方が良いと思っているんだろ?
  • 本当に、このやり方じゃなきゃダメ?
  • 相手のやり方には、どんなメリットがあるかな?
  • 相手のやり方と合わせたら、より良くできないかな?

と考えてから、相手の意見を聞いてみると、2人がやりやすい方法を見つけやすくなります。

それに、相手から100点を求められるとしんどいですよね。
お互いのルールを聞いて、やるべき70点基準を決める。

70点から上は、個人のコダワリとする。
もし、やってくれたら感謝!

その方がずっと、気楽で楽しくイライラせずに済むと思いませんか?

2.得意なほうがやればいい


プラスの作業が好きな人、マイナスからゼロに戻す作業が嫌いじゃない人、いろいろです。

僕は料理もしますが、あまり好きじゃない。
それよりも片付けや整理整頓のほうが得意だし、楽しい。

家庭内の幸福度を高めようとするなら、得意なことをそれぞれ担当するのが良いですね。

苦手なこと・面倒なことをあえてやらないのも手。
例えば、

  • 掃除ならルンバやブラーバなどロボットに任せる。
  • 食器片付けは食洗機を買う。
  • 料理が苦手なら、コープやパルシステムやオイシックスなんかの食材セットを買う。

それでいいんですよ。
苦手なことを無理やりしない。

ブラーバについてはコチラの記事でも書いています。
>>家事時短なら掃除から。拭き掃除ロボットブラーバ 380j で家族の時間を増やす!

共働きなら世帯収入も比較的高いはずですし、イライラするくらいなら、お金で解決する。
それは浪費じゃなくて「投資」だと思いませんか?

まとめ

  • 自分の家事のやり方が最良と思わない
  • 得意なほうがやればいい

そのうえでやるべき70点基準を決める。
パートナーに対しておおらかな心を持つことが、イライラしないコツです♪

よければ試してみてください!

ではでは。

その他の、共働き家庭の家事・育児・家計に役立つまとめは、こちらの記事でまとめています。

共働き家庭の家事・育児・家計に役立つまとめ