家庭・仕事・趣味、30代の生活をちょっと良くするブログ

webエンジニアが転職する時にどんな会社でも評価される実績の作り方

webエンジニアが転職する時にどんな会社でも評価される実績の作り方

近い将来に転職を考えていて、次の転職先で評価されるような実績を作っておきたいと思っています。
どんなことを実績として提示したら評価されるでしょうか?

という疑問に答えます!

僕はweb業界に入ってから、何度かキャリアアップのために転職をしました。
転職におけるセオリーとしてよく言われるのは、

・年収は下がる
・希望の業界に行けることは少ない

ということ。

ですが、転職をしても「希望する業界・希望する年収」を得ることができています。
その秘密は「転職で評価される実績を作る」ことを意識してきたから。
また、エンジニア採用経験もあり、何人もの「評価されるエンジニア」「評価されにくいエンジニア」を見てきました。

そんな僕が実践&エンジニア採用面接をしてきて分かった、

「webエンジニアが転職する時にどんな会社でも評価される実績の作り方」

をお伝えします!

エンジニア転職で評価されるポイントは「3つの実績」

エンジニアが転職で評価されるには「実績」が欠かせません。

あなたが面接官に実績をアピールするとしたら、どんなことを伝えますか?

・PHP開発3年
・Ruby開発2年

という経験をしてきました。とかでしょうか?

残念ながら、開発歴を伝えるだけでは「高評価」を得ることはできません。

なぜなら、あなたよりも開発歴が長い人が同時に応募してきていたら、開発歴が長い人の方が採用されやすくなるから。

もしあなたが採用担当なら、経験が短い人よりも経験が長い人を採用したくなりますよね?

つまり、開発歴とは違う「実績」を持つことで、

「この人は他の応募者とは違う」

と価値を感じてもらう必要があるわけです。

その実績とは、この3つ。

  1. プロジェクトをよりよくする提案した実績
  2. 自ら勉強して業務外でカタチにした経験・アウトプット
  3. 自分で課題・解決策を見つけて行動した実績
評価が高くなる順に3つ紹介します。

webエンジニアが転職する時に評価される実績:プロジェクトをより良くする提案した実績

webエンジニアが転職する時にどんな会社でも評価される実績の作り方

  • コーポレートサイトを作りました
  • Webサービスのバックエンドを実装しました

これだけを転職先で提示しても、あまり大きく評価はされません。
言ってしまえば、参加したプロジェクトで制作して経験を積んでいくのは当たり前なんですよね。

評価されるには、

「開発側目線で、制作物をより良くするためした提案実績」

があると良いです。

要件やサイト仕様を決めるのは、ディレクターの仕事。
でも、システム設計や効率の良い開発については、あまり詳しくないことがほとんどですよね。

なので、エンジニア目線で

・より効率よく運用できる方法
・工数を短縮できる方法

を提案した実績をまとめておく。

「こういう案件の時は、より良くするためにこんな提案をしました。」

と伝えるだけでも、他の応募者と差別化できます。

ノザワ
言われたことだけをやるエンジニアじゃない、と伝えられます!

webエンジニアが転職する時に評価される実績:自ら勉強して業務外でカタチにした経験・アウトプット

webエンジニアが転職する時にどんな会社でも評価される実績の作り方
業務外で勉強したり、新しい言語を学ぶエンジニアは多いですよね。
ただ、本やセミナーを受けてサンプルプログラムを作るだけで終わってしまう人も多いんじゃないでしょうか?

実際に面接で

「何か実績としてみられるサイトなどはありますか?」
と聞くと、サンプルとして作っただけで実務経験はない。と答える人が多かったです。

これは、すごくもったいない。

githubに公開してもいいですし、qiitaやはてなブログにまとめるだけでも良いんです。
ただ公開するだけでも、多くの人は「面倒くさい」と感じてやりません。

多くの人がやらないからこそやる。
そうすることで、他の応募者と差別化できます。

ノザワ
たとえヘタでも、他の人の目に見える形にしないと伝わらない!

webエンジニアが転職する時に評価される実績:自分で課題・解決策を見つけ行動した実績

webエンジニアが転職する時にどんな会社でも評価される実績の作り方
エンジニアはプログラミングでモノをつくる職業ですよね。
でも、同じようにモノをつくるエンジニアはたくさんいます。

モノを作った実績も大事ですが、これだけでは高い評価は得られません。

じゃあ、どんな人が高い評価を得られるかというと、

「自分で課題をみつけ、解決策を考え、実行した」

という実績がある人です。

課題とは、例えば

・いつも納期間近になると残業が増える
・よく要件定義もれが発覚する

など。
他にも

・チームのモチベーションが下がっている
・コミュニケーションが活発でない

というのも、チームによくある課題ですね。

今あなたが働いている職場・チームにも、そういった「課題」「不満」「不公平感」「問題」がありませんか?
あるからこそ、あなたは転職を考えているのでは?

そういう問題は、どの企業にも少なからずあります。
だとしたら、「課題」を解決した実績・課題解決に取り組んだ実績がある人を採用したいと思うはずですよね。

「与えられた業務が忙しくて、それどころじゃないよ!」
と思うなら、なおさらチャンスです。

・忙しいから
・めんどくさそうだから
・自分の仕事じゃないから

そういってやらない人と、

・忙しくけど、取り組めばチーム全体の効率が上がるから
・めんどくさそうだけど、全体工数が下がるから
・自分の仕事じゃないけど、やりたいから

と言って、問題解決に取り組む人。
どちらが評価されるかは明白ですよね。

評価される実績をまとめると、

  • 会社の利益を阻害している問題点はないか
  • 問題を解決するにはどんな方法があるか
  • 解決策を実施する
  • 実施した結果、さらに良くする方法を考え実施する

となります。

これができる人は、希少です。
希少だからこそ、転職で必ず評価されます。

日頃の業務やチーム全体の流れを見渡して、

・効率を妨げていることはないか?
・不満を生んでいる事象はないか?

ということを見つけて、自主的に解決に取り組んでみてください。
その実績は必ず高く評価されます!

この方法については、こちらの記事で詳しく解説しています
口下手エンジニアの面接対策!伝えたいことを上手に伝える方法

自分の実績にどんな市場価値かを知るには転職エージェントに聞く

実績をまとめたら気になるのが、

「自分の実績にはどんな市場価値があるのか?」

ということですよね。
実際に企業と面接をして年収を聞けば確実ですが、さすがに何社も聞いて回るわけにはいきません。

そこでオススメなのが、転職エージェントに市場価値を聞くこと。

転職エージェント「レバテックキャリア」なら、IT・Web業界に特化していて、

  1. 4,000件を超える案件数
  2. 年間累計3000回以上の企業訪問
  3. 専門用語・最新技術の話ができる

と、転職したいwebエンジニアにとって最良のパートナーと言える転職エージェントです。

業界特化なので、様々なIT・Web会社が求めるスキルを詳しく把握している。
だからこそ、あなたの実績がどれくらいの市場価値を持つのか?年収でいうと、どれくらいの金額が目安になるのか?

転職のプロに相談することで、あなたの疑問に答えるヒントがきっと見つかりますよ。

まずは履歴書・職務経歴書なしでも相談できるので、気軽に登録してみては?
思わぬ転職先が見つかるかもしれません。




\ 履歴書なしでも登録できます! /

レバテックキャリアを詳しく見る

以上、「webエンジニアが転職する時にどんな会社でも評価される実績の作り方」という記事でした。

ではでは。

30代エンジニアが年収アップ転職を成功させるためにしたことまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください